ピアーズ・モーガン

ピアーズ・モーガンPiers Stefan Pughe-Morgan [pɪərs] ; 出生姓O'Meara1965年3月30日 -)はイギリスの放送者、ジャーナリスト、作家、テレビパーソナリティ。

ピアーズ・モーガン
Piers Morgan at PaleyFest 2013.jpg
Morgan at PaleyFest in 2013
生誕Piers Stefan O'Meara
(1965-03-30) 1965年3月30日(56歳)
Surrey, England
教育
職業
  • Broadcaster
  • journalist
  • writer
  • television personality
活動期間1985–present
雇用者
テレビ番組
配偶者
Marion Shalloe
(m. 1991; div. 2008)

Celia Walden
(m. 2010)
子供4
親戚Rebecca Loos (second cousin)

モーガンは1989年に彼のキャリアを始め、フリート街など、いくつかの英国のタブロイド紙、ライターや編集者として、ザ・サンニュース・オブ・ザ・ワールドデイリー・ミラーおよびデイリーミラーで活動した。1994年、29歳で、彼はルパート・マードックによってニュース・オブ・ザ・ワールドの編集者に任命され、半世紀以上で英国の全国紙の最年少編集者になった[1]。2006年から2007年まで、彼は、First Newsの編集ディレクターだった。テレビでは、モーガンは彼自身のトークショーを開催しており、Piers Morgan's Life Stories(2009年から現在)とPiers Morgan Live(2011年から2014年)、ITVブレックファストの番組『グッド・モーニング・ブリテン』(2015年から2021年)でスザンナ・リードと共演、アメリカズ・ゴット・タレント(2006 - 2011)とブリテンズ・ゴット・タレント(2007 - 2010)というタレント発掘番組で審査員をした[2][3][4] 。2008年に、彼は米国のCelebrity Apprentice第7シーズンを獲得した[5][6]。モーガンは4巻の回想録を含む8冊の本を書いている。

デイリーミラーで働いている間、同紙がニューズ・インターナショナル電話盗聴スキャンダルに関係している期間に担当していた。 2011年、モーガンは電話をハッキングしたことや、「私の知る限り、電話のハッキングから得られたストーリーを公開したこと」を否定した。翌年、彼はBrian Leveson議長によるレベソン調査(Leveson Inquiry)の結果、電話ハッキングについてのモーガンの証言でなされたコメントは「まったく説得力がない」とされ、「それがマスコミで行われていることを知っていた」と批判された。全体として、彼はそれについて冗談を言う準備ができていた犯罪行為に十分に当惑していなかった」と語った [7]。モーガンの率直な意見とグッドモーニングブリテンに関する物議を醸すコメントは、Ofcomに何千もの苦情をもたらした[8][9] 。2021年3月9日、ITVは、その前々日に米国で放送されたOprah with Meghan and Harryというインタビュー番組についてのメーガン (サセックス公爵夫人)に対するコメントを受けて、モーガンは番組を直ちに終了することを決定したと発表した [10][11]

脚注編集

  1. ^ Davies, Hunter (1994年12月13日). “From City boy to World leader”. The Independent. https://www.independent.co.uk/life-style/from-city-boy-to-world-leader-1387335.html 2018年7月16日閲覧。 
  2. ^ Nudd, Tim. “Piers Morgan Leaving America's Got Talent”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20544255,00.html 2012年8月15日閲覧。 
  3. ^ “CNN cancels Piers Morgan Live | CBC News” (英語). CBC. https://www.cbc.ca/news/world/piers-morgan-s-cnn-show-cancelled-after-3-years-1.2548831 2020年11月17日閲覧。 
  4. ^ “Piers Morgan is Larry King's CNN replacement - TODAYshow.com”. MSNBC. (2010年9月8日). オリジナルの2010年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100911024937/http://today.msnbc.msn.com/id/39060518/ns/today-entertainment 
  5. ^ Johnson, Caitlin (2008年3月28日). “Relative unknown wins 'Celebrity Apprentice'”. Today. http://www.today.com/id/23838097/ns/today-entertainment/t/relative-unknown-wins-celebrity-apprentice 2012年8月15日閲覧。 
  6. ^ “Piers Morgan has been replaced on Good Morning Britain”. PinkNews. http://www.pinknews.co.uk/2017/08/01/piers-morgan-has-been-replaced-on-good-morning-britain/1/?tse_id=INF_6f69916076e411e785e8bfcdfe5d7856 2017年8月9日閲覧。 
  7. ^ Sweney, Mark (2012年11月30日). “Piers Morgan claims over phone hacking branded 'utterly unpersuasive'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/media/2012/nov/30/piers-morgan-phone-hacking-leveson-inquiry 2012年12月24日閲覧。 
  8. ^ O'Sullivan (2019年11月5日). “Piers Morgan cleared by Ofcom over 950 complaints - but Susanna Reid in trouble” (英語). mirror. 2020年11月17日閲覧。
  9. ^ Piers Morgan escapes censure over Christian homophobe remark” (英語). the Guardian (2016年4月11日). 2020年11月17日閲覧。
  10. ^ “Piers Morgan leaves ITV's Good Morning Britain after row over Meghan remarks”. BBC News. (2021年3月9日). https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-56334082 2021年3月9日閲覧。 
  11. ^ Ravindran, Manori (2021年3月9日). “Piers Morgan Quits 'Good Morning Britain' Following Meghan Markle Comments”. Variety. https://variety.com/2021/tv/global/piers-morgan-quits-good-morning-britain-following-meghan-markle-comments-1234925643/ 2021年3月9日閲覧。