メインメニューを開く

ピカデリー (サティの楽曲)

ピカディリー』(Le Piccadilly (Marche)、「ピカデリー」とも。)は、エリック・サティ1901年に作曲した「マーチ」という副題を持つケークウォーク風の楽曲。元々はカフェ・コンセールのオーケストラのために書かれたものだったが、現在では1904年ピアノ独奏用に編曲されたものがよく演奏されている。

「ケークウォーク」はアメリカの黒人が白人のまねをして踊ったところから始まった音楽で、同じパターンを繰り返す伴奏旋律シンコペーションが特徴。「ケークウォーク」はドビュッシーのものが有名(「ゴリウォーグのケークウォーク」や「小さな黒人」など)だが、実はサティのほうが先に使っていた。

この曲が使用された作品など編集

外部リンク編集