ピラミーデンは、スヴァールバル諸島スピッツベルゲン島にあるかつての鉱山町である。当時は石炭の採掘がおこなわれていた。街は1910年スウェーデンによって作られ[1]1927年ソ連に売却された。最盛時には1000人以上の住人がいた[2]1998年に鉱山は廃止され無人となった[3]2007年より、ホテルの改修などの観光開発が行われている[4]座標: 北緯78度39分22秒 東経16度19分30秒 / 北緯78.656111度 東経16.325度 / 78.656111; 16.325

Piramida Svalbard IMG 6283.JPG

脚注編集

  1. ^ Sveriges okända ockupation. Populär Historia, 14 Mars 2001. 2016-10-06閲覧
  2. ^ The Cold Rim of the World. Longreads, March 2015.
  3. ^ Nuwer, Rachel. “A Soviet Ghost Town in the Arctic Circle, Pyramiden Stands Alone”. Smithsonian Magazine. Smithsonian. 2014年5月27日閲覧。
  4. ^ Back in Pyramiden, Svalbard Archived 2013-06-18 at the Wayback Machine.. Elin Andreassen and Hein B. Bjerck, Ruin Memories. 2013-04-04閲覧