ピラール・フォン・バイエルン

マリア・デル・ピラール・フォン・バイエルンMaría del Pilar Prinzessin von Bayern, 1891年3月13日 - 1987年1月29日)は、ドイツバイエルンの王族、バイエルン王女(Prinzessin von Bayern)。全名はマリア・デル・ピラール・オイラリア・アントニア・イザベラ・ルドヴィカ・フランツィスカ・ヨーゼファ・リタ・オイフラジアMaría del Pilar Eulalia Antonia Isabella Ludovika Franziska Josepha Rita Euphrasia Prinzessin von Bayern)。

ピラール・フォン・バイエルン
Pilar von Bayern
Princess Maria del Pilar of Bavaria.jpg

出生 (1891-03-13) 1891年3月13日
ドイツの旗 ドイツ帝国
バイエルン王国の旗 バイエルン王国ミュンヘン
死去 (1987-01-29) 1987年1月29日(95歳没)
西ドイツの旗 西ドイツミュンヘン
埋葬 西ドイツの旗 西ドイツ、アンデクス修道院
家名 ヴィッテルスバッハ家
父親 バイエルン王子ルートヴィヒ・フェルディナント・フォン・バイエルン
母親 マリア・デ・ラ・パス・デ・ボルボーン
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

生涯編集

バイエルン王子ルートヴィヒ・フェルディナントと、その妻のスペイン王女マリア・デ・ラ・パスの間の第3子、長女として生まれた。スペイン女王イサベル2世の外孫にあたり、イサベル女王の8人の孫の中で最後に誕生した。女性画家として活動したほか、1930年代にミュンヘン在住のアイルランド人作家デズモンド・チャップマン=ハストンDesmond Chapman-Huston)と共著でいくつかの本も執筆した[1]。生涯独身を通した[2]

著作編集

  • Pilar of Bavaria & Desmond Chapman-Huston: Don Alfonso XIII. A Study of Monarchy. Londen, Murray, 1931.
  • Pilar of Bavaria & Desmond Chapman-Huston: Bavaria the Incomparable. An Unpretentious Travel Book. Londen, Cassell, 1934.

脚注編集