メインメニューを開く
実戦でのピンの一例
(ビショップがルークにピンされている。)

チェスにおけるピン (pin) とは、敵の駒が動けないように「釘付け」にした状態を指す。チェスの最も基本的な戦術(タクティクス)の一つ。

目次

ピンの基本編集

ピンに関する格言編集

  • ピンは剣より強し。」Fred Reinfeld(アメリカの著名なチェス作家)[1]
  • ピンされた駒の防衛力は、単なる幻想に過ぎない。アロン・ニムゾヴィッチ[2]

概説編集

  • ピンを仕かける事ができる駒は、クイーンルークビショップの3つである。これら直線で動ける駒で、敵のキングクイーン等の価値の高い駒を間接的に攻撃する。
  • 間接的に狙われた駒は、すぐに取られるわけではない。しかしその間にある守り駒は動きが制限された状態になる。
  • この守り駒を「釘付け」にした状態を「ピン」と呼ぶ。攻撃を受けた側は、「ピンされた」と表現する。
図01 クイーンを使ったピン
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
黒ナイトがピンされている。
図02 ルークを使ったピン
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
黒ビショップがピンされている
図03 ビショップを使ったピン
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
黒ルークがピンされている

チェスの駒の価値編集

ピンを理解するためには、あらかじめ敵・味方の駒の価値を知っておく必要がある。

  キング クイーン ルーク ビショップ ナイト ポーン
駒の価値 ∞(無限大) 9 5 3 3 1
  • この評価は絶対的なものでない。(キングだけは例外であるが、)局面によって駒の価値は変動する。

ピンを利用した攻撃編集

  • あくまでピンは、駒を釘付けにした状態である。ピンできたからといって、すぐに局面が有利になるとは限らない。
  • しかしピンを利用する事により、通常では予想もつかないような攻撃を繰り出す事ができる。
図04 ピンを利用した攻撃1-1
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
現在、白番
図05 ピンを利用した攻撃1-2
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Qxf6 !


図05: 黒は白クイーンを取ることが絶対にできない。

図06 ピンを利用した攻撃2-1
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
現在、白番
図07 ピンを利用した攻撃2-2
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Rxd6 !


図07: 黒が白ルークを取れば、自分のクイーンを取られてしまう。

ピンと串刺し(スキュア)の違い編集

大事な駒が利き筋の前面にあるのか背後にあるのかで、戦術の名称が異なる。

  • ピン: 重要な駒が間接的に攻撃されている。攻撃側の目的は、敵の守り駒を動けなくすること。
  • 串刺し(スキュア): 重要な駒が直接攻撃にさらされている。攻撃側の目的は、背後の駒を取ること。
図08 ピン
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
図09 串刺し(スキュア)
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
図10 ピン
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
図11 串刺し(スキュア)
abcdefgh
8
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

ピンの解消方法(アンピン)編集

  • ピンにはさまざまな形があり、その対処もさまざまである。中には、どう対処しても駒損になってしまう局面もある。
  • しかし正しく対処すれば、ピンが解消できる局面も少なくない。
図12 ピンの解消方法
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh


初手から、 1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Nc3 d6 4.Bb5 (図12)

黒ナイトが白ビショップにピンされていて、現在動く事ができない。すぐに不利になるわけではないが、ピンの状態は早めに解消した方が安心できる。


黒の対処例

 その(1) 4...Bd7
 その(2) 4...a6 5.Bxc6 bxc6
 その(3) 4...a6 5.Ba4 b5

ピンに関する用語編集

絶対ピン編集

  • 敵のキングを的としてピンした場合、その威力は絶大となる。これは「絶対ピン」と呼ばれている。
  • ピンを外さない限り守り駒は絶対に動く事ができない。
図13 絶対ピンの例(1)
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
現在、白番
図14 絶対ピンの例(2)
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
 Qa4 !


図14: 黒にはb5のナイトを守る方法がない。どんな手を指しても、次にナイトを取られてしまう。

相対ピン編集

  • キング以外の駒を的としてピンする事は、「相対ピン」と呼ばれている。
  • ピンされてはいるが、絶対に動けないという事ではない。しかし動けば、その背後にある価値の高い駒を取られてしまう。
  • 絶対ピンよりも相対ピンの方が、実戦で目にする機会は多い。
図15 相対ピンの例(1)
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
現在、白番
図16 相対ピンの例(2)
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
 Nxb4 !  

図16: 黒は白ナイトを取る事ができない。白ナイトを取ると、自分のビショップを失う事になる。

  • 相対ピンの場合、ピンされた駒が絶対に動けないという状況ではない。次の例は有名なゲームで「レガールのメイト」と呼ばれている。
図17 相対ピンの失敗例(1)
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
(初手から)1.e4 e5 2.Nf3 d6 3.Nc3 a6? 4.Bc4 Bg4??
図18 相対ピンの失敗例(2)
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
5.Nxe5!! ここで白はピンを無視した。
Bxd1? 6.Bxf7+ Ke7 7.Nd5#

図17: ここで黒がナイトをピンしたのは大失敗だった。

図18:黒は白クイーンを得た代わりに、チェックメイトにされてしまった。

クロス・ピン編集

  • 二つのピンが重なって双方向(十字型、X型)の攻撃になっているものは、「クロス・ピン」(cross-pin)と呼ばれている。「ダブル・ピン」(double pin)と表記される場合もある。
図19 クロス・ピンの例(1)
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
現在、黒番
黒ナイトが狙われているが、黒はキングでしかサポートできない。ここで白に妙手あり。
図20 クロス・ピンの例(2)
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
1...Kg7 2.Qc3! [3]
白はクイーンを動かして、X型のピンにした。次に3.Rf1とすれば、黒ナイトは助からない。

ピンの応用編集

  • チェスの戦法や戦局(序盤・中盤・終盤)を問わず、ピンはさまざまな場面で登場する。
  • ピンとピンとを組み合わせたり、串刺しやフォークなどの他の戦術と組み合わせて行う攻撃は、実戦で非常に効果的となる。
図21 応用1-1
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
現在、白番
図22 応用1-2
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
Bxe6 !
図23 応用2-1
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
現在、白番。c1とd3のビショップに注目。
(ソコルスキー vs サイギン 1950)
図24 応用2-2
abcdefgh
8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh
1.Bxh6! Qe7 2.Qh7+ Kf8 3.Qh8+! Kf7 4.Qxg7#

名称編集

1980年代以前のいくつかの日本語書籍にはピン・アップ (pin up) という表記も見られる[4][5]

参考文献編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ “The pin is mighter than the sword.”
  2. ^ "The defensive power of a pinned piece is only imaginary."
  3. ^ クロス・ピンの形ではなくなるが、「2.Qc3」ではなく「2.Qh4」としても白勝ち。
  4. ^ 『チェス入門』、79頁。
  5. ^ チェス和書:技法書レビュー - 翻訳家・水野優による日本のチェスの技法書レヴュー。金田『チェス入門』の書評を参照。