ピーター・パン (1924年の映画)

ピーター・パン』(原題:Peter Pan)は、1924年アメリカ映画ジェームス・マシュー・バリーの戯曲を原作としたサイレント映画である。2000年アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

ピーター・パン
Peter Pan
Peter Pan 1924 movie.jpg
監督 ハーバート・ブレノン
脚本 ウィリス・ゴールドベック
原作 ジェームス・マシュー・バリー
製作 ハーバート・ブレノン
製作総指揮 アドルフ・ズーカー
ジェシー・L・ラスキー
撮影 ジェームズ・ウォン・ハウ
公開 アメリカ合衆国の旗 1924年12月29日
日本の旗 1925年11月8日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示
『ピーター・パン』本編、字幕なし

日本では1925年に公開され、キネマ旬報の娯楽映画ベストテンの第3位に選ばれている[1]

主演のベティ・ブロンソン英語版は当時17歳の無名女優で、バリー自身がピーター役に抜擢した。『ピーター・パン』での成功により、第二のメリー・ピックフォードと宣伝されたこともあったという[2]。1906年11月17日ニュージャージー州トレントの生まれで、1971年10月19日に死去した[2]。1953年頃、ディズニーがアニメーションの『ピーター・パン』を制作中のときに、ハリウッドに行っていた映画評論家の淀川長治がディズニー・スタジオの宣伝部長にベティ・ブロンソンが主演した『ピーター・パン』の話をしたところ、その場で電話で紹介してもらい、2日後にスタジオで会って直接会話をかわしている。その時は女優業は引退しており、チェーン・マーケットを経営している夫と暮らしていたそうである[3]

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 猪俣勝人『世界映画名作全史 戦前編』(教養文庫、1974年、p.288)
  2. ^ a b 猪俣勝人・田山力哉『世界映画俳優全史 女優編』(社会思想社 教養文庫、1977年、p.246)
  3. ^ 淀川長治『淀川長治の活動大写真』(朝日文庫、1989年、pp.53-54)

外部リンク編集