ピーター・マメロウ

ピーター・マメロウPeter Mamerow 1958年9月20日 - )は、ドイツレーシングドライバー兼起業家。彼はレーシングドライバーのクリスチャン・マメロウの父であり、マメロウ・レーシングチームのチームオーナーでもある。ドルトムント出身。ドイツツーリングカー選手権に参戦していた事で知られている。

レーシングキャリア編集

DTM編集

マメロウは、1984年レースキャリアを開始。その年、彼ドイツプロダクションカーチャンピオンシップ(後のDTM )の3つのレースでVWゴルフGTIのプライベートドライバーとしてスタートし、シーズンの終わりに23位でフィニッシュ。[1]1985年に彼はVWゴルフGTIの専用ドライバなどの量産車選手権に開始し、また、とウルリッヒMönninghoffRTチームのドライバーとしてシボレーカマロZ28 。休憩の後、彼は1987年にニュルブルクリンクで行われたDTMレースにのみ参加した。

彼は2001年にマメロウ・レーシングを率いてDTMに戻った。シーズン中、彼はオペル・アストラV8クーペを運転したが、ポイントを獲得することはできなかった。 [1]

ポルシェ・カレラカップ編集

1992年と1999年にマメロウはポルシェ・カレラカップドイツに参戦。彼の最初のシーズンでは、彼はポルシェ・964で16位でフィニッシュした。 1999年にポルシェ・911 GT3カップ(996タイプ)をドライブ。年間ランキングは13位だった。 [1]

起業家としてのキャリア編集

マメロウは、1982年にレース用の車の製造を開始。 1990年まで、彼はフォルクスワーゲンオペル車を専門とした。その後、ポルシェを専門としている。

ワークショップの運営と並行して、彼はレーシングチームのマメロウ・レーシングを設立し、ドライバーとして、後にさまざまなレーシングシリーズのチームマネージャーとして活躍した。 [2]

個々の証拠編集

  1. ^ a b c DriverDB – Internetseite: "Peter Mamerow". Auf: www.driverdb.com. 2019年2月13日閲覧 |publisher=では太字とイタリック体は使えません。 (説明)
  2. ^ Mamerow-Engineering – Internetseite: 出典が入力されていません。 (説明)