ピーテル・コルネリスゾーン・ファン・レイク

ピーテル・コルネリスゾーン・ファン・レイク(Pieter Cornelisz. van Rijck、1567年ころ - 1637年ころ)は、オランダ黄金時代画家の一人である。ハールレムイタリアで活動し、市場や厨房で働く人などを描いた。

ピーテル・コルネリスゾーン・ファン・レイク
Pieter Cornelisz. van Rijck
ファン・レイク作、「2人の人物のいる市場の風景」(1622)
ノースカロライナ美術館
誕生日 1567年ころ
出生地 デルフト
死没年 1637年ころ
死没地 イタリア
テンプレートを表示

略歴 編集

生年は、はっきりしないがデルフトで生まれたとされる。父親はハールレムの醸造業者コルネリス・ファン・レイクで、兄はデルフトの醸造業者であった。いとこにハールレムで働き、豪華な食事を並べた食卓を描く静物画「banketje」を得意とした画家のフロリス・ファン・ダイク(c.1575-before1651)がいる[1][2]

ネーデルランドの画家の伝記を出版したカレル・ファン・マンデル(1548-1606)によれば、ファン・レイクは絵をデルフトの画家、ヤコブ・ウィレムスゾーン・デルフ(Jacob Willemsz. Delff (I): c.1550-1601)に学んだ。しばらく別の仕事をした後、画家の仕事に戻り、ヴェネツィアドージェ(元首)、マリーノ・グリマーニ(Marino Grimani)のために働いたことから、ハイブレヒト・ヤコブスゾーン・グリマーニ(Huybrecht Jacobsz. Grimani: 1562-1651)として知られることになる画家の弟子になった[3]。6ヶ月間グリマーニに学んだ後、グリマーニとイタリアに移り、イタリア各地を旅し、イタリアの貴族から注文を受けて働いた。

オランダ美術史研究所の研究では、ファン・レイクは1588年から1602年までヴェネツィア、1602年から1604年までハールレムに滞在し、1605年に再びイタリアに移ったとしている[4]

カレル・ファン・マンデルが『画家列伝(画家の書)』を執筆していた時期にハールレムにいて、マンデルとイタリアの画家について議論し、マンデルはファン・レイクの作品に言及し、ヴェネツィアの風俗画家、ヤコポ・バッサーノ(c.1510-1592)の信奉者であると言及した[3]

作品 編集

参考文献 編集

  1. ^ Entry on Floris Claesz van Dyck in the RKD
  2. ^ Collections of Paintings in Haarlem 1572-1745: Netherlandish Inventories, p.102 (inventory of Agatha Pieters Bal), by Pieter Biesboer, 2001, The J. Paul Getty Trust
  3. ^ a b (オランダ語) Pieter Cornelisz. van Rijck, Schilder van Delft in Karel van Mander's Schilderboeck, 1604, courtesy of the Digital library for Dutch literature
  4. ^ Pieter Cornelisz van Rijck in the RKD