メインメニューを開く

ファラジ (falaj) は、オマーン周辺にある地下水路を利用する灌漑システムである。複数形はアフラジ (aflaj)。オマーン国内には生活用水や農業用水の供給のために3000以上のファラジが存在し、そのうち5つはユネスコ世界遺産に登録されている。また、アラブ首長国連邦でもファラジやその遺跡はアル・アインの文化的遺跡群(ハフィート、ヒーリー、ビダー・ビント・サウドとオアシス群)の一部として、世界遺産リストに登録されている。

世界遺産 オマーンの灌漑システム
アフラジ
オマーン
オマーン国内のファラジ
オマーン国内のファラジ
英名 Aflaj Irrigation System of Oman
仏名 Systèmes d'irrigation aflaj d'Oman
面積 1455.949 ha
(緩衝地域 16404.33 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (5)
登録年 2006年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ファラジの位置
使用方法表示

歴史編集

ファラジがいつから用いられていたのかは明らかになっていない。紀元前にはすでに使われていたとされる。

分類編集

ファラジは何を水源とし、どのような供給路で水を運ぶのかによって3つに分類される。

  • Ghaili
    • ワジを水源とするもので、ファラジの約半分(48%)がこれである。
  • Aini
    • 山中の涌き水を水源とする。ファラジの28%が該当。
  • Daoudi
    • 地下水を水源とする。ファラジの24%が該当。

オマーンの世界遺産編集

ユネスコの世界遺産委員会は、オマーン国内に数あるファラジの中でも最大級のファラジ・アル=マルキ、最古級とされるファラジ・ダリスなど、特筆すべき5つのファラジの水源、水路、周辺施設を世界遺産として登録した。ファラジの分類では4つがDaoudi、1つがAiniである。

  • Daoudi
    • ファラジ・アル・カトメーン(Falaj Al Khatmeen)0.72312km2
    • ファラジ・アル=マルキ(Falaj Al-Malki)1.57273km2
    • ファラジ・ダリス(Falaj Daris)1.7155km2
    • ファラジ・アル=ムヤッサール(Falaj Al-Muyassar)1.1337km2
  • Aini
    • ファラジ・アル=ジェーラ(Falaj Al-Jeela)0.014km2

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

登録にあたっては、2000年以上にわたってこの地を潤してきた歴史的重要性や、その間涸れることのない持続可能性を維持してきた共同体文化などが評価された。

参考文献編集

関連項目編集