ファーザー・オブ・ザ・イヤー

ファーザー・オブ・ザ・イヤー』(原題:Father of the Year)は2018年に配信されたアメリカ合衆国コメディ映画である。監督はタイラー・スピンデル、主演はデヴィッド・スペードが務めた。

ファーザー・オブ・ザ・イヤー
Father of the Year
監督 タイラー・スピンデル
脚本 タイラー・スピンデル
ブランドン・コーノイヤー
製作 アレン・コヴァート
製作総指揮 バリー・ベルナルディ
ケヴィン・グレイディ
出演者 デヴィッド・スペード
ナット・ファクソン
ジョーイ・ブラッグ
マット・シヴリー
音楽 エルモ・ウェバー
撮影 ブラッド・シールド
編集 J・J・タイトーン
ジェイソン・ガーソン
製作会社 ハッピー・マディソン・プロダクションズ
配給 世界の旗Netflix
公開 世界の旗2018年7月20日
上映時間 94分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

概略編集

ウェインは元々不真面目な性格だったが、リストラされてからは自堕落な生活を送るようになっていた。そんなある日、ウェインの息子、ベンは友人のラリーと「僕の父さんと君の父親が喧嘩したら、どちらが勝つだろうか」という冗談話で盛り上がった。その話を耳にしたウェインは発奮し、ベンの必死の制止を振り切ってマーディに喧嘩を挑んだ。ウェインは息子にだらしない姿を見せていることを内心では恥じており、マーディに勝てば息子も少しは見直してくれるのではないかと考えたのである。

本作はウェインが不器用ながらも立ち直ろうとする姿を描き出していく。

キャスト編集

製作・配信編集

2017年5月3日、デヴィッド・スペード、ナット・ファクソン、ジョーイ・ブラッグ、マット・シヴリー、ブリジット・メンドラー、ジャッキー・サンドラーがNetflixの新作映画『Who Do You Think Would Win?』に出演することになったと報じられた[2]。同月、本作の主要撮影マサチューセッツ州ハドソンで始まった[3]。その後、本作のタイトルは『Graduates』→『Father of the Year』と変更されることになった[4]。2018年6月29日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[5]

当初、本作は2018年6月29日に配信される予定だったが、後に配信日は同年7月20日に延期された[4]

評価編集

本作は批評家から酷評されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには11件のレビューがあり、批評家支持率は0%、平均点は10点満点で2.74点となっている[6]。また、Metacriticには4件のレビューがあり、加重平均値は32/100となっている[7]

RogerEbert.comブライアン・タレリコは本作に5つ星評価で1つ星半を与え、「『ファーザー・オブ・ザ・イヤー』を鑑賞することをひどく嫌がる人間はいないだろうが、鑑賞中ですらどんな内容かを忘れてしまいかねない作品である。」と評している[8]

出典編集

  1. ^ ファーザー・オブ・ザ・イヤー”. 映画.com. 2020年5月17日閲覧。
  2. ^ David Spade, Bridgit Mendler, Nat Faxon, & More Co-Star In ‘Who Do You Think Would Win?’ For Netflix”. Deadline.com (2017年5月3日). 2020年5月17日閲覧。
  3. ^ David Spade filming in Hudson next week”. Metrowest Daily News (2017年4月28日). 2020年5月17日閲覧。
  4. ^ a b Here Are All of Netflix’s Original Movies Coming This Summer”. Collider (2018年4月9日). 2020年5月17日閲覧。
  5. ^ Father of the Year Official Trailer HD Netflix”. YouTube (2018年6月29日). 2020年5月17日閲覧。
  6. ^ Father of the Year”. Rotten Tomatoes. 2020年5月17日閲覧。
  7. ^ Father of the Year (2018)”. Metacritic. 2020年5月17日閲覧。
  8. ^ Father of the Year”. RogerEbert.com (2018年7月20日). 2020年5月17日閲覧。

外部リンク編集