フィチル二リン酸

フィチルから転送)

フィチル二リン酸(: Phytyl diphosphate)はイソプレノイドに分類される化合物の1つで、イソプレン4つから構成されるジテルペノイドゲラニルゲラニル二リン酸と同じ炭素数C20だが、不飽和結合の数が異なりフィチル二リン酸は不飽和結合が1つしかない。ビタミンE(トコフェロール)やビタミンK1合成に必要となる前駆体。クロロフィルシンターゼ英語版によりクロロフィルの側鎖となる。

フィチル二リン酸
識別情報
略称 PDP
PubChem 14556929
日化辞番号 J841.050J
KEGG C05427
LIPID MAPS LMPR0104010001
特性
化学式 C20H42O7P2
モル質量 456.49 g mol−1
関連する物質
関連物質 フィトール
出典
KEGG: フィチル二リン酸
w:LIPID MAPS
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

生合成編集

ゲラニルゲラニル二リン酸レダクターゼによりゲラニルゲラニル二リン酸から生合成される。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集