フィッツジェラルド=ヴィージー男爵

フィッツジェラルド=ヴィージー男爵(: Baron FitzGerald and Vesey)は、かつて存在したイギリスの男爵位。

歴史編集

 
3代男爵が主席司祭を務めたキルモア大聖堂

政治家ジェイムズ・フィッツジェラルド英語版(1742-1835)法廷弁護士庶民院議員として活動した[1]。彼は公職引退後の1826年に叙爵を打診されたが固辞したため、その妻キャサリン(1759-1832)に対して同年7月31日アイルランド貴族爵位のクレア県クレア及びインチクロナンのフィッツジェラルド=ヴィージー男爵(Baron FitzGerald and Vesey, of Clare and of Inchicronan in the County of Clare)が与えられた[註釈 1][2][3]。彼女が1832年に亡くなると、夫妻の長男ウィリアムが爵位を継承した[1]

2代男爵ウィリアム(1783-1843)トーリー党の政治家として支払長官英語版商務庁長官を歴任したのち、1835年1月10日コーク県デズモンド及びクラン・ギボンのフィッツジェラルド男爵(Baron FitzGerald, of Desmond and of Clan Gibbon in the County of Cork)に新規に叙された[註釈 2][4][5]。この爵位は連合王国貴族爵位であるため、彼は貴族院に列せられた[5]。また、彼には庶子ウィリアム英語版はいたが嫡出子でなかったため、その死去に伴ってフィッツジェラルド男爵は一代で途絶えた[4]。他方、アイルランド爵位のフィッツジェラルド=ヴィージー男爵は弟のヘンリーに継承されている[1][4]

3代男爵ヘンリー(1786頃‐1860)聖職者であり、キルモア首席司祭英語版在職のまま1860年に永眠すると爵位は廃絶となった[3][6]

フィッツジェラルド=ヴィージー男爵(1826年)編集

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 英国人名事典』によれば、この叙爵は夫妻ではなく、夫妻の長男ウィリアム(2代男爵)に対する功績を慮ってのものであるという[1]
  2. ^ 首相ピール英国総選挙英語版に新年早々勝利すると、閣僚職を歴任していたウィリアムに対して、多年の功に報いている[4]

出典編集

  1. ^ a b c d Stephens, Henry (1889). "Fitzgerald,James(1742-1835)" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 19. London: Smith, Elder & Co. p. 130-131.
  2. ^ No.18267”. The Gazette 11 July 1826. 2020年2月26日閲覧。
  3. ^ a b Kelly, James (January 2008) [2004]. "Fitzgerald, James (1742–1835)". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/9566 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  4. ^ a b c d Stephens, Henry (1889). "Fitzgerald,WilliamVesey" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 19. London: Smith, Elder & Co. p. 152-153.
  5. ^ a b No.19228”. The Gazette 9 January 1835. 2020年2月26日閲覧。
  6. ^ “Ireland. From our own correspondent”. The Times (London) (23585). (1860年4月4日) 

関連項目編集