フィリップ・ルソー

フィリップ・ルソー(Philippe Rousseau、1816年2月22日 - 1887年12月5日)はフランスの画家である。静物画や動物画を得意とした。

略歴編集

パリで生まれた。兄は「バルビゾン派」の画家として有名なテオドール・ルソー(1812-1867)である。エコール・デ・ボザールアントワーヌ=ジャン・グロジャン=ヴィクトール・ベルタンに学んだ。はじめ風景画を描き、1831年の展覧会に出展し、1834年からサロン・ド・パリに毎年出展するようになった。1840年頃から、動物画や静物画を専門とするようになった。1848年の first class medalなど何度かサロン・ド・パリで賞を得た。

レジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を1852年に受勲し、1870年に、レジオンドヌール勲章(オフィシエ)を受勲した[1]

作品編集

脚注編集

  1. ^ « Notice LH de Philippe Rousseau » [archive], base Léonore, ministère français de la Culture

参考文献編集

  • Ronald de Leeuw: Philippe Rousseau 1816–1887, Ausstellungskatalog des Van Gogh Museums, Amsterdam, Zwolle 1993, ISBN 9-066-30441-3