フィンディスFindis第一紀4685年 - )は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台として著した遺稿を元にクリストファ・トールキンが編纂した『中つ国の歴史』の登場人物。ノルドールの上級王フィンウェと、かれの二人目の妻インディスの第一子にして長女。

父はノルドールの上級王フィンウェ。母はヴァンヤールの上級王イングウェの親類インディス。 異母兄にフェアノール。弟にフィンゴルフィンフィナルフィン。妹にイリメがいる。


フィンウェは最初の妻ミーリエルがこの世を去ると、ヴァンヤールのインディスを娶った。フィンディスは二人の間に生まれた第一子である。モルゴスによってフィンウェが殺されると、インディスはヴァンヤールのもとへ帰り、フィンディスも母についていった。

フィンディスの家族編集


ミーリエル
 
フィンウェ
 
 
 
インディス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェアノールフィンディスフィンゴルフィンイリメフィナルフィン