フェオファン・グレク

フェオファン・グレク1340年 - 1410年, ロシア語: Феофан Грек, ギリシア語: Θεοφάνης, ヘブライ語: תאופנוס היווני‎, 英語: Theophanes the Greek)は、ビザンティン(東ローマ帝国)からルーシノヴゴロドモスクワに移り住んだギリシャ人。ロシアにおいて最も偉大なイコン画家の一人であり、アンドレイ・ルブリョフの師としても知られる。

フェオファンロシア語名からの転写。フェオファン・グレークと表記されることもある。ギリシャ語名を現代ギリシャ語から転写すればセオファニスとなる[1]

グレクもしくはグレークとは、「ギリシャ人」を意味する。同様の「グレク」の称号を持つ著名な正教会の聖人としてマクシム・グレクが居り、同様に、16〜17世紀スペイン宗教画肖像画エル・グレコグレコも、「ギリシャ人」を意味する、スペイン語定冠詞である。

略歴・作品編集

フェオファンは東ローマ帝国(ビザンティン帝国)最後のパライオロゴス朝統治下で、コンスタンティノープルに生まれた。同都市でコンスタンティノープル派の成果を充分に身につけた後は、クリミアへ移って働く。1370年ノヴゴロド市から招聘を受け、1395年にはモスクワへ移り住んだ。当時のノヴゴロド公国は、ヴェーチェ(veche)と呼ばれる民会が機能する自治都市で、1478年モスクワ大公国の圧迫に屈し、併合される以前は、東欧の商業、特に毛皮を始めとする手工業の中心地であった。古くは水路によりバルト海、東ローマ帝国、中央アジアを結ぶ交通の要地であったが、12世紀の中頃から周辺のスズダリタタールスウェーデンプロセイン騎士団などとの抗争が絶えなくなる。新興国モスクワの台頭を許した所以である。このような状況下、文化面での交流も非常に盛んで、一帯にはノヴゴロド派が形成された。フェオファンをはじめとして、その様式は明るい民衆性、正面性、線的性格に特徴をもつ。のちのモスクワ派、ストロガノフ派へ受け継がれるロシア・イコンの伝統の始まりである。特に彼においては、僅かな種類の色による表現において卓越した技量を持ち、作品には深い神学的意図が見られる。

フェオファンは多くの教会の壁や天井にフレスコ画を描いた。その数は数百にも及ぶとされるが、現在彼の壁画が確認できるのは以下の数カ所のみである。

板絵イコンも同様に手がけている。しかしながら、歴史史料によれば、フェオファン後期の作とされるものの真正性については学術上の活発な論点となっている。最近まで、フェオファンは伝統的に以下の有名な板絵イコンの作者とされてきた。

ギャラリー編集

フレスコ

板絵イコン - 真正性について論争あり

脚注編集

  1. ^ 古典ギリシャ語再建音からはテオファネースとなる。

関連項目編集

外部リンク編集