フェラーリ・250GTE

フェラーリ・250GTEは、イタリアの自動車メーカー、フェラーリ1960年から1963年に生産した自動車である。

フェラーリ・250GTE
概要
製造期間 1960年~1963年
ボディ
乗車定員 4人
ボディタイプ クーペ
駆動方式 FR
パワートレイン
エンジン 2.953cc 水冷V型12気筒SOHC
最高出力 240ps/7.000rpm
最大トルク 25.5kgm/5.500rpm
変速機 4速MT
サスペンション
前:ダブルウィッシュボーン
後:半楕円リーフ
車両寸法
ホイールベース 2.600mm
全長 4.700mm
全幅 1.710mm
全高 1.340mm
車両重量 1.450kg
テンプレートを表示

概要編集

フェラーリ250シリーズ唯一の2+2、フェラーリ量産モデルとして企画され、1960年10月モンディアル・ド・ロトモビルで発表された。250GTEの誕生によりフェラーリの生産台数は増え、改良を重ねて3種のシリーズが生産され生産台数は1000台に達した。

エンジンはフェラーリ・250GTOと共通のティーポ128E。圧縮比を8.8に落とし240馬力にデチューンしたもので、当時は世界最速の2+2モデルだった。

関連項目編集

フェラーリ ロードカータイムライン 1940年代-1960年代  Next ->
タイプ 1940年代 1950年代 1960年代
7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
FR スポーツ 125S 166S 195S 212エクスポート 225S 250MM 250モンツァ 250GT TdF 250GT
SWB
250GTO
159S 250S 250
エクスポート
GT 166
インター
195
インター
212インター 250ヨーロッパ 250GT
ヨーロッパ
250GT
ボアノ
250GT
エレナ
250GT
クーペ
/スパイダー
250GT
ルッソ
275GTB 275GTB/4 365GTB/4
デイトナ
2+2 250GTE 330GT 365GT
MR スポーツ 250LM
GT ディーノ206