フェリックス・ジアン

フェリックス・ジアン(Félix Ziem、1821年2月26日 - 1911年11月10日)はフランスの画家である。ヴェネツィアの風景など多くの風景画を残した。「バルビゾン派」の画家の影響も受けた。

フェリックス・ジアン
Félix Ziem
Ziem par Ricard.JPG
生誕1821年2月26日
フランス王国ボーヌ
死没1911年11月10日
フランスの旗 フランス共和国パリ

略歴編集

コート=ドール県ボーヌでポーランド系の移民の父親[1]とブルゴーニュ生まれの母親の間に生まれた。父親はナポレオン戦争の時、プロイセン軍の兵士で、捕虜になりフランスに住むようになり、仕立て屋になったとされる。始め建築家を目指し、ディジョンの美術学校で学ぶが1839年に中退し、マルセイユで働く兄のもとで建築家として働いた。画家に転じ、マルセイユで美術学校を始め多くの学生を集めた。港町、マルティーグの風景を描くようになり、1841年にはイタリアを旅し、ヴェネツィアの風景に感銘を受けた。ニースなどで裕福な顧客に風景画を売って暮らし、1847年までイタリアや南フランス各地を旅した。1849年にパリに移り、「バルビゾン派」の画家、テオドール・ルソージャン=フランソワ・ミレーと知り合い友人になった。

1849年のパリのサロンに初めて出展して、その後出展を続けた。 1859年に、モンマルトルに住むようになったが、しばしばバルビゾンを訪れた[2]。1880年にニースにもアトリエを開き、多くの期間をニースで過ごした。

長命、多作な作家で生涯で10000点以上の作品を残したと推定されている[3]。多くの風景を描いたマルティーグの街に、作品を寄贈し、1908年に自治体によってジアン美術館(Musée Ziem)が設立された。

作品編集

脚注編集

  1. ^ La Traversée d'un siècle : Félix Ziem, 1821-1911, par Frédérique Verlinden et Gérard Fabre, Réunion des musées nationaux, 2001 ISBN 978-2711842667 p. 143.
  2. ^ Patrick Mérienne & Jean-Pierre Hervet, Forêt de Fontainebleau, randonnées et découvertes, éd. Ouest-France, 2013, p.42
  3. ^ 美術品データベースの「La base Joconde」によればフランスの公共美術館に 527点が収蔵されている。

参考文献編集

  • Pierre Miquel a consacré à Félix Ziem trois ouvrages qui constituent les tomes VII, VIII et XI de la collection « Le Paysage français au XIXe siècle, l’École de la nature », Maurs-la-Jolie, éditions de la Martinelle : tome VII : Félix Ziem (1821-1911) (prix de l’Académie des Beaux-Arts, 1978), biographie ; tome VIII : Catalogue de l’œuvre de Félix Ziem (prix de l’Académie des Beaux-Arts, 1978), catalogue raisonné de l’œuvre de Ziem avec plus de 1 800 œuvres répertoriées ; tome XI : Félix Ziem, second volume au catalogue, 1996. Complément biographique, étude des périodes essentielles de l'évolution du style de Ziem. Plus de 1 591 œuvres supplémentaires répertoriées.
  • F. Baille, N. Durand, L. Ménétrier, Félix Ziem, Voyages, impressions et paradoxes, catalogue de l'exposition du musée des beaux-arts de Beaune, Beaune, 2011.
  • Félix Ziem : « J'ai rêvé le beau », catalogue d’exposition au Musée Ziem, avec les contributions d'Isabelle Collet, Lucienne Del'Furia, Gérard Fabre, Dominique Lobstein et Charles Villeneuve de Janti, éditions Images en Manœuvre, Marseille, 2011, (ISBN 978-2-8499-5217-7).
  • Lucienne Del'Furia, Félix Ziem : « Le Génie et l'Adresse », Musée Ziem, Arnaud Bizalion Éditeur, 2014
  • Gérard Fabre, Frédérique Verlinden, Luca Marchetti, La Traversée d'un siècle, Félix Ziem 1821-1911, éditions RMN, 2001.
  • Sophie Biass-Fabiani et Gérard Fabre, Félix Ziem, peintre voyageur 1821-1911 – peintures, Musée Ziem, Martigues, Actes Sud, 1994 (ISBN 978-2742702909).
  • Sophie Biass-Fabiani et Gérard Fabre, Félix Ziem, peintre voyageur 1821-1911 – œuvre graphique, Musée Ziem, Martigues, Actes sud, 1995 (ISBN 978-2742702923).