フェルディナント・デッペ

フェルディナント・デッペ(Ferdinand Deppe、1794年1861年)は、ドイツ博物学者探検家、画家である。ドイツ博物館のために、動植物の標本を収集した。

略歴編集

 
デッペの描いた南カリフォルニアのサン・ガブリエル修道院の絵

ベルリンに生まれた。兄弟にベルリンの動物学博物館で働いたヴィルヘルム・デッペがいる。1828年に探検家のアルベルト・フォン・ザック(Albert von Sack)が率いたメキシコの探検に、イギリスの博物学者、ウィリアム・ブロック(William Bullock)とともに、参加した。この探検で集められて多くの標本はドイツに送られ、ベルリン動物学博物館のリヒテンシュタイン(Martin Lichtenstein)らによって研究された。1828年から1830年の間にはクリスティアン・ユリウス・ヴィルヘルム・シーデとともにメキシコのベラクルス州を探検調査し、この時集められた標本は、ディーデリヒ・フランツ・レオンハルト・シュレクテンダールが分類記載した。1836年にはカリフォルニアを、1837年にはハワイを探検調査した。ハワイではオアフ島で現在は絶滅したオーオー鳥(Moho apicalis)を採集した。

爬虫類の種、Abronia deppiiAspidoscelis deppeiPituophis deppeiTantilla deppeiに名前が残されている。リス族の種、Sciurus deppeiや英名でラッキー・クローバーと呼ばれる、植物の種、Oxalis deppeiOxalis tetraphyllaのシノニム)にも献名された。

著作編集

  • Ferdinand Deppe: Verzeichniss der Topf- und Land-Rosen von Ferdinand Deppe auf Witzleben in Charlottenburg bei Berlin. E. Haenel, Berlin ca 1846-1854.
  • Ferdinand Deppe: Verzeichniss einer auserlesenen Sammlung der neuesten und allerneuesten Georginen oder Dahlien von Ferdinand Deppe auf Witzleben in Charlottenburg bei Berlin. E. Haenel, Berlin ca 1846-1854.

参考文献編集

  • Carl Nicolaus Röding: Columbus: amerikanische Miscellen. Bd. 1, Hamburg 1826, Neuester Reisebericht aus Mexico. Nach den Mitteilungen des Herrn Professor Lichtenstein zu Berlin, S. 280-318
  • Erwin Stresemann: Ferdinand Deepe's travels in Mexico, 1824-1829. In: The Condor, an international journal of avian biology, 1954, S. 86-92 Online-Ausgabe (PDF; 553 kB)
  • Ulf Bankmann: Zwischen Pazifik und Lietzensee - Ferdinand Deppe, Gärtner und Sammler für die Berliner Museen. In: Mitteilungen des Verein für die Geschichte Berlins, 1995 (1999), 4, S. 566-579
  •  Martin Hinrich Lichtenstein: Ferdinand Deppe's Reisen in Kalifornien. In: Zeitschrift für Erdkunde als vergleichende Wissenschaft, mit Aufnahme ihrer Elemente aus der Naturwissenschaft, Geschichte, Statistik. Bd. 7, 1847, S. 383-390 (online, abgerufen am 10. April 2015).