フェロクロムは、クロム合金炭素の含有率によって高炭素中炭素低炭素に分類される。(但し、国によってそれらの設定する含有率が異なる)

ステンレス添加用が一般的とされているが、再利用するクロム系スクラップなどない限り、凡そ鉄鋼製品と名のつくもので、フェロクロムを全く添加しない鋼種はない、というほどよく用いられる。

主生産者は南アフリカ共和国とその周辺国、旧ソ連インド中国であり、それぞれの国で出てくるグレードが異なる。

かつてはコンパクトカセット磁性体にも使われ、フェリクロームともいわれていた。