メインメニューを開く

フォッシー(Fosse)は、トニー賞エミー賞アカデミー賞を受賞したボブ・フォッシーが振り付けを担当したミュージカルナンバーで構成されたレビュー形式のミュージカル。1999年トニー賞最優秀ミュージカル作品賞受賞。 振り付けは、フォッシーの愛弟子であり、恋人でもあったアン・ラインキングが担当。

台詞がなく、一貫したストーリーもない。ミュージカル冒頭で、「人生は一籠のサクランボ」が歌われ、その後、ダンスが続く。最後に「シング・シング・シング」を、バンドが生演奏しながら、出演ダンサー全員が踊る。 ブロードウェイバージョンとユーロバージョンがある。 ブロードウェイバージョンの振り付けに比べて、ユーロバージョンの振り付けは退廃的な印象を与える。 これは、ブロードウェイバージョンが家族連れを考慮して作られたためらしい。

また、日本でのユーロバージョン公演の際には、大澄賢也も出演した。

主な楽曲編集

  • 人生は一籠のサクランボ
(Life is Just a Bowl of Cherries from Big Deal)
  • ビッグ・スペンダー
(Big Spender from Sweet Charity)
  • シング・シング・シング
(Sing! Sing! Sing! from Dancin)

受賞編集

トニー賞(1999年)
  • ミュージカル作品賞
  • 照明デザイン賞
  • 編曲賞