メインメニューを開く

フォトプシン(Photopsin)は、網膜錐体細胞に存在する光感受性タンパク質であり、色覚を支えている。 フォトプシンは、桿体細胞に含まれ夜間視力を確保するロドプシンに非常によく似た物質で、同じくオプシンレチナール等からできている。

機能編集

オプシンは光受容器細胞に存在するタンパク質の一種、Gn-xタンパク質共役受容体

11-シス-レチナール (11-cis-retinal) が光によりオールトランスレチナール (all-trans-retinal) へ異性化するとオプシンは構造変化を起こし、フォトプシンを活性化、Gタンパク質トランスデューシンへの巻き付きが進み、セカンドメッセンジャーカスケードを引き起こす。

種類編集

オプシンは少しのアミノ酸の違いでさまざまな種類があり、網膜上色素としてそれぞれ違う波長のを吸収する[1][2]

錐体細胞の種類 名称 吸収波長域 最大吸収波長
S (OPN1SW) - "トリタン", "シアノラーベ" β 400–500 nm 420–440 nm
M (OPN1MW) - "デュータン", "クロロラーベ" γ 450–630 nm 534–545 nm
L (OPN1LW) - "プロタン", "エリスロラーベ" ρ 500–700 nm 564–580 nm

人間は三種類のイオドプシン(ロドプシンの類似物)を持っており、これにはフォトプシンI, II 及び III の色素たんぱく質が含まれる。 これらはそれぞれエリスロラーベクロロラーベ、そしてシアノラーベと呼ばれ、それぞれ、黄緑(フォトプシンI)、緑(フォトプシンII)、青紫(フォトプシンIII)の最大吸収波長を持つ[3]

歴史編集

ジョージ・ワルドが1950年代にこれらロドプシンの吸収波長の違いを実験で示し、1967年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Wyszecki, Günther; Stiles, W.S. (1982). Color Science: Concepts and Methods, Quantitative Data and Formulae (2nd ed.). New York: Wiley Series in Pure and Applied Optics. ISBN 0-471-02106-7. 
  2. ^ R. W. G. Hunt (2004). The Reproduction of Colour (6th ed.). Chichester UK: Wiley–IS&T Series in Imaging Science and Technology. pp. 11–12. ISBN 0-470-02425-9. 
  3. ^ Rushton, W. A. H. (June 1, 1966). “Densitometry of pigments in rods and cones of normal and color defective subjects” (PDF). Investigative Ophthalmology 5 (3): 233–241. PMID 5296487. http://www.iovs.org/cgi/content/abstract/5/3/233 2006年11月14日閲覧。.