フラッピング: flapping)とは、主にアメリカ英語において生じる発音変化現象の1つであり、母音に挟まれたt /t/ の音素が[ɾ](日本語のラ行に近い音)に変化する(訛る)現象を言う。

概要

編集

英語では、とある条件下において、無声歯茎破裂音 /t/, 有声歯茎破裂音 /d/, 歯茎鼻音 /n/ が非常に速く調音されることがある[1]。これにより有声歯茎たたき音およびはじき音 [ɾ] のような発音に、日本語話者にとっては「日本語の『ラ行』の子音」のように聞こえる[2]。この音声現象を一般にフラッピング(flapping)またはタッピング(tapping)といい、これによって生じる音を弾音(flap)またはたたき音(tap)という。

名称

編集

日本語で「弾音化」と呼ぶこの現象について、フラッピング(flapping)とタッピング(tapping)のどちらを名称として用いるべきか、音声学者の間で議論が起こっている。

1つは「調音点」を基準とするもの。この場合、フラッピングの調音点は「後部歯茎(retroflex)」となり、タッピングの調音点は「歯茎(alveolar)」となる。

2つ目は「能動調音器官の動き」を基準とするもの。つまり舌がどの方向に動くかによって区別されるとしている。この場合、後述する『調音方法』にあるとおりに分類できる。Ladefoged(2006)は、この基準を支持している[3]

なお、音声学においては、伝統的に「フラッピング」という用語が用いられている。また、国際音声記号の一覧表ではtap and flapと併記されている。

生起環境

編集

ここでは、tの弾音化(t-flapping / t-tapping)について解説する。一般的に広く知られている、tの弾音化が生じる条件(生起環境)とは主に以下の2つである[4][5]。但し、以下の条件に合致していても、弾音化が生じない場合がある事に注意されたい。

  • 1語内で起きる弾音化

  /t/ が2つの母音に挟まれている場合。但し、/t/ に後続する母音は、アクセントがない場合に限る。e.g., water, better

  • 2語に跨る形で起こる弾音化

  /t/ が単語の境界を越えて、2つの母音に挟まれている場合。e.g, get up, shut up

上記で挙げた4つの例では、1語内で起きる場合も、2語に跨る場合も、どちらも母音に挟まれていることを条件とするため、この /t/intervocalic-tと呼ぶことが多い。1語内で起きる弾音化の場合、/t/ に後続する母音には、アクセントがあってはならない。一方、2語に跨る形で起こる弾音化の場合、/t/ に後続する母音には、アクセントがあっても無くても良い。

調音方法

編集

ここでは、tの弾音化について解説する。音声学上、弾音化された /t/ は、舌尖や舌端が歯茎から非常に速く離れ、受動調音器官(歯茎)と能動調音器官(舌尖・舌端)の接触が非常に短くなる[1]。また、「たたき音(tap)」と「はじき音(flap)」で舌の動かし方が異なる。

  • たたき音(tap

舌の上下運動によって発音される。

  • はじき音(flap

舌を後ろから硬口蓋あたりに当てて発音する。

加えて、たたき音(tap)やはじき音(flap)の発音の仕方とは異なる弾音も存在する。例えば、better /betər//t/ の音は、後ろに /r/ の音がある関係で、はじき音の舌の動きとは逆になり、舌を前から硬口蓋あたりに当てて、後ろに送らせて発音する。

分布

編集

アメリカ英語

編集

弾音化はアメリカ英語によく見られる。それは、例えば友人や親子の会話など、カジュアルな場面だけに留まらず、実際には演説や議会討論等、正式な場でも用いられる。

イギリス英語

編集

イギリス英語では弾音化は起こらない、ということが一般的によく知られている。実際、イギリス英語では弾音化が発生する条件下にあるtは、明瞭に発音される傾向にある。

だが、イギリスの一部方言では弾音化が使用されている。特に、at, get, it, not, what などの短い単語の語末にあるtのすぐ後に母音が続くとき、弾音化が生じる可能性が指摘されている[6]

音声表記[7]

編集
  • 有声歯茎たたき音およびはじき音: [ɾ]

特定の発音を強調するために、一般アメリカ英語(General Americanを取り扱う英語音声学の書籍の中には、tの弾音化を [ɾ] と表記するものがある。

  • 有声歯茎閉鎖音: [d]

英語母語話者の耳には、tの弾音化した異音が、無声歯茎破裂音 /t/ の音素とは全く違う他の音素ではなく、有声歯茎破裂音 /d/ の音素の変種として聞こえることがあるため、その可能性を示唆するために、[d] の表記を使用することがある。

  • 無声歯茎閉鎖音に有声化の補助記号が付いたもの: [t̬]

Wells(2008)Jones et al.(2011)では、無声歯茎破裂音 /t/国際音声字母の「有声化(voiced)」を示す補助記号 [ ̬ ] と組み合わせて、[t̬] という音声表記を採用している。この音声表記には、音声表記を転写する際に正書法との違和感がないことや、同じ単語を異なる音韻の文脈で使用する際に、同じような記号を使用できるという利点がある。

このことから、/t/ の弾音化を「tの有声化(t-voiced)」と表記する書籍もあるが、弾音化と有声化を同一視するべきか否かについては、現在でも音声学者の間で意見が分かれている。

tの声門閉鎖音化との関係

編集

tの声門閉鎖音化とtの弾音化は、いわゆる「相補分布」の関係にある。つまり、tの弾音化が出現する環境では、tの声門閉鎖音化は出現せず、tの声門閉鎖音化が出現する環境では、tの弾音化は出現しない。

代表例

編集
  • water
  • party
  • better
  • butter
  • item
  • quarter
  • later
  • little
  • winter
  • editor
  • not at all

脚注

編集
  1. ^ a b Carley, Paul; Inger M. Mees (2019). American English Phonetics and Pronunciation Practice. Routledge. pp. 19-20 
  2. ^ 厳密には、有声歯茎たたき音およびはじき音と日本語のラ行の子音/r/は調音位置が違う。前者の方が前寄りである。
  3. ^ A Course in Phonetics (5 ed.). Boston: Thomson Wadsworth. (2006). p. 171 
  4. ^ 松坂ヒロシ『英語音声学入門』研究社出版、1986年、130-133頁。 
  5. ^ 竹林滋、斎藤弘子『英語音声学入門』(新装版)大修館書店、2008年、86頁。 
  6. ^ Lindsey, Geoff. (2019). English after RP: Standard British Pronunciation Today. Palgrave Macmillan. p. 69 
  7. ^ Wells, John. C. (1982). Accents of English, Vol. 1 Introduction. Cambridge University Press. pp. 248-252 

関連項目

編集