フランシス・レーン

フランシス・レーンFrancis Adonijah "Frank" Lane1874年9月23日 - 1927年2月17日)は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。レーンは1896年アテネオリンピックに出場して、男子100メートル走で3位となった[1]

フランシス・レーン Portal:陸上競技
Princeton athens 1896.jpg
プリンストン大学の選手たち、一番左がレーン(1896年)
選手情報
フルネーム Francis Adonijah "Frank" Lane
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 短距離走
所属 Princeton Tigers(プリンストン大学
生年月日 (1874-09-23) 1874年9月23日
生誕地 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
没年月日 (1927-02-17) 1927年2月17日(52歳没)
死没地 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ 
身長 170cm
体重 69kg
自己ベスト 100m走:12秒2(1896年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1896 アテネ 男子100m走
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

フランシス・レーンはシカゴで生まれた。

プリンストン大学在学中だった1896年に、彼はアテネオリンピックの100メートル走に出場した[2]

レーンは予選第1組[3] を1位で通過し、決勝に臨んだ。決勝では、同じアメリカトーマス・バークドイツフリッツ・ホフマンについで、ハンガリーソコリ・アラヨスと同着で3位に入った[4]

1897年にプリンストン大学を卒業したレーンは、セントルイス・ワシントン大学の医学部に入り、眼科医になるために学業を続けた。やがて彼はラッシュ医科大学(Rush Medical College)の学部長となった。レーンはシカゴで1927年に死去している。

脚注編集

  1. ^ 第1回アテネオリンピックでは、3位の選手にはメダルは贈られなかった。獲得メダルの表示は、便宜上第2回オリンピック以降と同様の表示を用いている。
  2. ^ この大会には、プリンストン大学から彼を含めて4人の選手が出場した。その中には、レーンの従兄弟で、棒高跳で2位となったアルバート・タイラーも含まれている。
  3. ^ 男子100メートル走の予選は3組で行われ、それぞれ5人ずつが出場した。
  4. ^ Athletics at the 1896 Athina Summer Games:Men's 100 metres 2011年5月3日閲覧。(英語)

関連項目編集

外部リンク編集