フランス・モロッコ条約

1631年フランス・モロッコ条約(1631ねんフランス・モロッコじょうやく、英語: Franco-Moroccan Treaty of 1631)は1631年フランス王国モロッコの間で締結された条約。

サレからの海賊の問題で度重なる議論が行われた後、イザーク・ド・ラジイ英語版提督がフランス側の交渉役についた。1630年にサレとの交渉に入った後、ラジイはモロッコからフランス人奴隷を購入した。彼は翌1631年に再びモロッコを訪れ、フランス・モロッコ間の条約交渉に参加した[1]

条約により、フランスは関税引き下げ、領事館設立、フランス人の信仰の自由などのカピチュレーションを与えられた[2]。1632年、フランス王ルイ13世が条約を批准した。

出典編集

  1. ^ A man of three worlds Mercedes García-Arenal, Gerard Albert Wiegers. p. 114.
  2. ^ France in the age of Louis XIII and Richelieu, Victor Lucien Tapié. p. 259.