フランス軍の反乱(フランスぐんのはんらん、フランス語: Mutineries de 1917)は第一次世界大戦中、1917年のニヴェル攻勢において多くの戦死者を伴う、犬死が確実な突撃戦に嫌気がさした兵士たちによる大反乱。

1917年4月終わりから6月の初めにかけて、該当の兵士の半分ないし3分の2(113個師団の内49個師団)による命令拒否があったと言われ、中にはある中隊がとある町を占拠し反政府組織の樹立を宣言など、革命一歩手前の状況にまでなった。

しかし、フランス軍指導部(フィリップ・ペタン陸軍総司令官)は、反乱に対して死刑判決や待遇の改善などの改革等、硬軟を混ぜた適切な対応で見事に(表面上は)ロシア革命と違い収束した。その後の攻撃に際しては、攻撃命令は抗命されるかどうか誰にもわからないため、多数の犠牲をともなう突撃は避けるようになった。