フリードリヒ・フォン・オリヴィエ

フリードリヒ・フォン・オリヴィエ(Woldemar Friedrich von Olivier、1791年4月23日 - 1859年9月5日)はドイツの画家である。

フリードリヒ・フォン・オリヴィエ
Friedrich von Olivier
Carolsfeld-Olivier.jpg
ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルトによる肖像画
生誕1791年4月23日
ドイツ,デッサウ
死没1859年9月5日
ドイツ,デッサウ
オリヴィエの風景画 :" Loisachtal"(1842/1845)

略歴編集

デッサウで生まれた。父親のフェルディナント・オリヴィエ(Ludwig Heinrich Ferdinand Olivierまたは Ferdinand Olivier der Ältere)はスイス、ヴォー州の出身でデッサウの改革派の学校フィランソロピニム (Philanthropinum) の教授だった。兄第に画家となったフェルディナント・オリヴィエ(Johann Heinrich Ferdinand Olivierまたは Ferdinand Olivier der Jüngere:1785-1841)とハインリヒ(Heinrich Olivier: 1783-1848)がいる。

1801年から1802年の間にフィランソロピニムの美術の教授のコルベ (Carl Wilhelm Kolbe der Ältere)や ハルデンヴァンク (Johann Christian Haldenwang) から美術教育を受けた。デッサウの宮廷彫刻家、フリーデマン・フノルト(Friedemann Hunold)の指導も受けた。

1804年から兄のフェルディナントとドレスデンに移って修業した。兄は1807年からパリに移ったが、1811年に、兄が戻ると兄とウィーンに移った。ウィーンではウィーン美術アカデミーで学んだ。プロイセンを中心とする対仏同盟軍による「解放戦争」が始まると、詩人のテオドール・ケルナー (Theodor Körner)と徒歩でウィーンからブレスラウに移動し、リュッツォウ義勇部隊に合流した。何度か義勇兵としての任務をしたあと、短期間、イギリスへも渡り、1914年にウィーンの兄の家に戻った。1917年から兄やフィリップ・ファイト、カール・ルードヴィヒ・フロンメル、ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルトらとザルツブルクへ写生のための旅を行った

1818年11月に、カール・シュミット[1] とカロルスフェルトとイタリアへ旅し、フィレンツェに滞在していた時に、美術史研究家のルーモール( Karl Friedrich von Rumohr)と知り合い、ローマでは画家のパッサファント(Johann David Passavant)やヨハン・フリードリヒ・オーファーベックペーター・フォン・コルネリウスフリードリッヒ・ヴィルヘルム・シャドウ、ヨハネス・ファイトといった画家と交流した。プロイセンの大使が滞在したPalazzo Caffarelliに部屋を与えられて画家のレーベニッツ(Theodor Rehbenitz)と活動した。4年のローマでの滞在後、1823年にウィーンに戻った。1825年に、兄の結婚相手の連れ子の女性と結婚した。

ミュンヘンに移り、カロルスフェルトの助手になり、ミュンヘンの宮廷の装飾画などを描いた。1848年に弟のハインリヒが亡くなった後、デッサウに戻り、実家を継いで、デッサウで死去した。

作品編集

参考文献編集

  • Constantin von Wurzbach: O’Livier, Künstlerfamilie. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. 21. Theil. Kaiserlich-königliche Hof- und Staatsdruckerei, Wien 1870, S. 57 f. (Digitalisat).
  • Franz Schnorr von Carolsfeld: Olivier, Ferdinand von. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 24, Duncker & Humblot, Leipzig 1887, S. 308–311. (Familienartikel)
  • Helga Heise: Olivier, von. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 19, Duncker & Humblot, Berlin 1999, ISBN 3-428-00200-8, S. 523 f. (Digitalisat).

脚注編集

  1. ^ Helga Heise: Olivier, von. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 19, Duncker & Humblot, Berlin 1999, ISBN 3-428-00200-8, S. 523 f. (電子テキスト版).