メインメニューを開く

フリードリヒ1世 (プファルツ=ジンメルン公)

フリードリヒ1世(Friedrich I, 1417年4月24日 - 1480年11月29日)は、プファルツ=ジンメルン公。プファルツ=ジンメルン=ツヴァイブリュッケン公シュテファンとフェルデンツ伯フリードリヒ3世の娘アンナの長男。プファルツ=ツヴァイブリュッケン公ルートヴィヒ1世の兄。

1444年に父からシュポンハイム伯領を譲られ、1459年に父が亡くなると弟のルートヴィヒ1世と領土を分割、ジンメルンを相続した(ツヴァイブリュッケンはルートヴィヒ1世が相続)。1480年に死去、ジンメルンの修道院に埋葬された。

子女編集

1454年ゲルデルンアルノルトの娘マルハレータと結婚、10人の子を儲けた。

  1. カタリーナ(1455年 - 1522年) - トリーア女子修道院長
  2. シュテファン(1457年 - 1489年) - シュトラスブルク司教座聖堂司祭長
  3. ヴィルヘルム(1458年)
  4. ヨハン1世(1459年 - 1509年)
  5. フリードリヒ(1460年 - 1518年) - ケルン司教座聖堂付き参事会員
  6. ループレヒト(1461年 - 1507年) - レーゲンスブルク司教
  7. アンナ(1465年 - 1517年) - トリーア女子修道会士
  8. マルガレーテ(1466年 - 1506年) - トリーア女子修道会士
  9. ヘレナ(1467年 - 1555年) - トリーア副修道院長
  10. ヴィルヘルム(1468年 - 1481年) - トリーア司教座聖堂付き参事会員
先代:
シュテファン
プファルツ=ジンメルン公
1459年 - 1480年
次代:
ヨハン1世