フリードリヒ2世ドイツ語: Friedrich II.1717年11月9日 - 1785年4月24日)は、神聖ローマ帝国の領邦国家であるメクレンブルク=シュヴェリーン公国の君主(在位:1756年 - 1785年)[1]

フリードリヒ2世
Friedrich II.
Georg David Matthieu 002.jpg
フリードリヒ2世の肖像画、ゲオルク・ダヴィト・マテュー英語版作。
配偶者 ルイーゼ・フリーデリケ・フォン・ヴュルテンベルク英語版
称号 メクレンブルク=シュヴェリーン公
家名 メクレンブルク家
父親 メクレンブルク=シュヴェリーン公クリスティアン・ルートヴィヒ2世
母親 グスタフェ・カロリーネ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ英語版
出生 1717年11月9日
シュヴェリーン
死亡 1785年4月24日
ルートヴィヒスルスト英語版
テンプレートを表示

生涯編集

メクレンブルク=シュヴェリーン公クリスティアン・ルートヴィヒ2世グスタフェ・カロリーネ・フォン・メクレンブルク=シュトレーリッツ英語版の長男として、シュヴェリーンで生まれた[1]。若い頃は知的と霊的教育の両方で大おばのアウグスタ・フォン・メクレンブルク=シュヴェリーンの影響を受け、特に敬虔主義を深く信奉するようになった。

父が1756年に死去すると、フリードリヒ2世はメクレンブルク=シュヴェリーン公位を継承した[1]。継承直後には七年戦争に巻き込まれた。敬虔主義を支援したフリードリヒ2世は学校教育と織物業を推進、酷刑を廃止した。1764年に住居をシュヴェリーンからルートヴィヒスルスト城英語版に移した。翌1765年に建築家ヨハン・ヨアヒム・ブッシュ(Johann Joachim Busch)に帝国教会(1770年に完成、現存する)の建造を命じ、1772年から1776年までルートヴィヒスルスト城の拡張工事を続けた。

1785年に死去した。息子がいなかったため公位は弟ルートヴィヒ英語版の子フリードリヒ・フランツ1世が継承した[1]

家族編集

1746年、シュヴェート英語版でヴュルテンベルク公子フリードリヒ・ルートヴィヒ英語版の娘ルイーゼ・フリーデリケ・フォン・ヴュルテンベルク英語版と結婚した。2人は4女をもうけたが、4人とも若くして死去した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Marek, Miroslav. “House of Mecklenburg genealogy” (英語). Genealogy.EU. 2018年12月8日閲覧。
フリードリヒ2世 (メクレンブルク公)

1717年11月9日 - 1785年4月21日

爵位・家督
先代:
クリスティアン・ルートヴィヒ2世
メクレンブルク=シュヴェリーン公
1756年 - 1785年
次代:
フリードリヒ・フランツ1世