フリードリヒ2世 (上ロートリンゲン公)

フリードリヒ2世(ドイツ語:Friedrich II., 995年ごろ - 1026年)は、バル伯および上ロートリンゲン公(1019年より父と共治)。ディートリヒ1世とリヒルデ・フォン・ブリースカステル(ブリースガウ伯フォルマル3世の娘)の息子。

フリードリヒ2世
Friedrich II.
上ロートリンゲン公
Frédéric II de Lorraine.jpg
在位 1019年 - 1026年

出生 995年ごろ
死去 1026年
配偶者 マティルデ・フォン・シュヴァーベン
子女 ゾフィア
フリードリヒ3世
ベアトリクス
家名 アルデンヌ家
父親 上ロートリンゲン公ディートリヒ1世
母親 リヒルデ・フォン・ブリースガウ
テンプレートを表示

生涯編集

1024年神聖ローマ皇帝ハインリヒ2世の死後、フリードリヒ2世はシュヴァーベン公エルンスト2世が起こした新王コンラート2世二対する反乱に加わったが、まもなく和平が成立し、フリードリヒ2世はコンラート2世を王として認めた。しかしフリードリヒ2世はその後まもなくして父に先立って死去した。

フリードリヒ2世は、シュヴァーベン公ヘルマン2世の娘でコンラート2世の王妃ギーゼラの姉であるマティルデと結婚した[1]。3人の子女をもうけた。

脚注編集

  1. ^ The Geography of Power:Matilda of Tuscany and the Strategy of Active Defense, Valerie Eads, Crusaders, Condottieri, and Cannon: Medieval Warfare in Societies Around the Mediterranean, ed. Donald Joseph Kagay and L. J. Andrew Villalon, (Brill, 2003), 358.
  2. ^ The Reform of the Church, J.P. Whitney, The Cambridge Medieval History, Vol. V, (Cambridge University Press, 1968), p. 23.
  3. ^ The Reform of the Church, J.P. Whitney, The Cambridge Medieval History, Vol. V, (Cambridge University Press, 1968), p. 31.
先代
ディートリヒ1世
上ロートリンゲン公
1019年 - 1026年
ディートリヒ1世と共治)
次代
フリードリヒ3世