フリードリヒ3世 (上ロートリンゲン公)

フリードリヒ3世(ドイツ語:Friedrich III., 1020年ごろ - 1033年)は、バル伯および上ロートリンゲン公(在位:1026/7年 - 1033年)。

フリードリヒ3世
Friedrich III.
上ロートリンゲン公
在位 1026/7年 - 1033年

出生 1020年ごろ
死去 1033年
家名 アルデンヌ家
父親 上ロートリンゲン公フリードリヒ2世
母親 マティルデ・フォン・シュヴァーベン
テンプレートを表示

生涯編集

フリードリヒ2世とマティルデ・フォン・シュヴァーベンの息子であり、祖父ディートリヒ1世1026/7年没)の継承者であった。

公爵としてのフリードリヒ3世について知られていることはほとんどなく、未成年の公爵の摂政の名すら伝わっていない。フリードリヒ3世は1033年に未婚で子女なく死去した。母方の叔母で神聖ローマ皇帝コンラート2世の妃ギーゼラはフリードリヒ3世の姉妹ゾフィーとベアトリクスを手元に引き取った。

皇帝コンラート2世は上ロートリンゲンを父フリードリヒ2世のはとこにあたる下ロートリンゲン公ゴツェロ1世に与えたため、2つのロートリンゲン公領はこの後数年間統合された。

外部リンク編集

先代:
ディートリヒ1世
上ロートリンゲン公
1026/7年 - 1033年
次代:
ゴツェロ1世
先代:
ディートリヒ1世
バル伯
1026/7年 - 1033年
次代:
ゾフィー