フレデリック・スリエ

フレデリック・スリエフランス語: Frédéric Soulié1800年1847年)は、フランス復古王政期から7月王政期にかけての小説家劇作家[1]

フレデリック・スリエ

略歴編集

1800年、フォワで生まれた[2]。父は哲学の教授だった[3]。最初は法律を学び、学位を修得するに至ったが、やがてパリに上京して文人の道を歩んだ[3]

1839年から1840年にかけて、フランス革命からルイ・フィリップ1世の治世までのフランス史三部作を著して人気を博したのち、多くのメロドラマを著して成功を収めた[1]。最晩年の1846年に著したLa Closerie des genêtsは5時間にわたる長演劇であり、数百回上演されるという大成功を収めた[1]

1847年、エソンヌ県ビエーヴル英語版で死去した[2]

著作編集

  • Amours françaises(1824年)[2]
  • Roméo et Juliette(1828年、演劇)[2]
  • Christine à Fontainebleau(1829年、演劇)[2]
  • Une nuit du duc de Montfort(1830年、演劇)[2]
  • Nobles et bourgeois(1830年、演劇)[2]
  • La Famille Lusigny(1831年、演劇)[2]
  • Clotilde(1832年、演劇)[2]
  • Les Deux cadavres(1832年、2巻)[2]
  • Le Port de Créteil(1832年、2巻)[2]
  • L’Homme à la blouse(1833年、演劇)[2]
  • Le Roi de Sicile(1833年、演劇)[2]
  • Une aventure sous Charles IX(1834年、演劇)[2]
  • Le Magnétiseur(1834年)[2]
  • Le Comte de Toulouse(1834年)[2]
  • Le Vicomte de Béziers(1834年)[2]
  • Les Deux reines(1835年、演劇)[2]
  • Le Conseiller d’Etat(1835年)[2]
  • Un été à Meudon(1836年、2巻)[2]
  • Deux séjours; Province et Paris(1836年、2巻)[2]
  • Romans historiques du Languedoc(1836年、2巻)[2]
  • Sathaniel(1836年)[2]
  • La Lanterne magique(1837年)[2]
  • Les Mémoires du diable(1838年、8巻)[2]
  • L’Homme de lettre(1838年、2巻)[2]
  • Six mois de correspondance(1839年、2巻)[2]
  • Le Maître d’école(1839年、2巻)[2]
  • Diane de Chivri(1839年、演劇) - フランス史劇三部作の1作目[1]
  • Le fils de la folle(1839年) - フランス史劇三部作の2作目[1]
  • Le Proscrit(1840年) - フランス史劇三部作の3作目[1]
  • L’Ouvrier(1840年、演劇)[2]
  • Contes militaires(1840年)[2]
  • Le Tombeau de Napoléon(1840年)[2]
  • Gaëtan, Il Mammone(1842年)[1]
  • Eulalie Pontois(1843年) - メロドラマ[1]
  • Les Amants de Murcie(1844年) - ロミオとジュリエットのスペイン人版と言える作品[1]
  • Huit jours au château(1844年)[2]
  • Les Talismans(1845年)[1]
  • Les Étudiants(1845年)[1]
  • La Closerie des genêts(1846年)[1]
  • Confession générale(1848年、7巻)[2]
  • La Comtesse de Monrion(1848年、7巻)[2]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l Stanton, Sarah; Banham, Martin, eds. (1996). Cambridge Paperback Guide to Theatre (英語). Cambridge University Press. p. 347. ISBN 0-521-44654-6
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah Thieme, Hugo Paul (1907). Welter, H. (ed.). Guide bibliographique de la littérature française de 1800 à 1906  (フランス語). p. 388. ウィキソースより。
  3. ^ a b Canh-Gruyer, France. "SOULIÉ FRÉDÉRIC (1800-1847)". Encyclopædia Universalis (フランス語). 2020年11月16日閲覧