フロッグモア・コテージ

フロッグモア・コテージ英語: Frogmore Cottage)はイギリスウィンザーにあるホーム・パーク英語版の一部を占めるフロッグモア・エステート英語版にある第2級イギリス指定建造物に指定されている邸宅である。それは1801年イギリス王妃シャーロットの指示でフロッグモア・ハウス英語版近くの庭園に建てられた。それはクラウン・エステート、つまり君主の公有地の一部である。

フロッグモア・コテージ
Frogmore Cottage.jpg
1872年のフロッグモア・コテージ[1]
情報
管理運営 クラウン・エステート
座標 北緯51度28分34.68秒 西経0度35分52.8秒 / 北緯51.4763000度 西経0.598000度 / 51.4763000; -0.598000 (フロッグモア・コテージ)座標: 北緯51度28分34.68秒 西経0度35分52.8秒 / 北緯51.4763000度 西経0.598000度 / 51.4763000; -0.598000 (フロッグモア・コテージ)
文化財
指定建築物 – 等級 II
登録名Frogmore Cottage in Frogmore Grounds
登録コード1117778[2]
指定・登録等日 1975年10月2日
テンプレートを表示

歴史編集

元々このコテージはダブル・ガーデン・コテージと呼ばれており、シャーロット王妃1801年の支出にはボウエンによって450ポンドで建てられたと記録されている[3]ヴィクトリア女王1875年6月28日にコテージで朝食をとった際「数え切れないほどの数の小さなカエル」を発見し「非常に気持ち悪い」と感じたという[4]1975年10月、このコテージは第2級イギリス指定建造物に登録された。登録リストの記述には歴史に関する言及がほとんどない。「19世紀初期に建てられた、欄干が付きポーチを伴うセンターブレイク、桟がついた窓があり漆喰に覆われた簡素な2階建ての家[5]。」

居住者編集

このコテージはシャーロット王妃と未婚の娘たちの保養施設であった[6]。1840年代、神学者のヘンリー・ジェームズ・シニアとその家族がこのコテージに住んでいた[7]1897年、ヴィクトリア女王の個人秘書だったアブドゥル・カリム英語版が妻や父と共にフロッグモア・コテージに移り住んだ[8][9]。1920年代、ロシア革命後に祖国ロシアから亡命した大公妃クセニア・アレクサンドロヴナが滞在した[10]

21世紀初頭、コテージはウィンザーの地所で働く労働者を収容する5つの独立したユニットに分けられた集合住宅であった[11]2019年、5月に息子のアーチー・マウントバッテン=ウィンザーの誕生を控えていたサセックス公爵ヘンリーメーガン妃夫妻のために王室助成金英語版から240万ポンドの費用をかけて、4つの寝室と子供部屋を持つ一戸建て住宅に改装されたと報告されている[12][13]。 国王の宮殿の一部であり、指定された遺産でもあるフロッグモア・コテージは居住者に関わらず改修そのものは予定されていた[14][15]。しかし、2020年1月に公爵夫妻が王室の公務から引退して北米に移住する意向を表明した後、「フロッグモア・コテージ改装のために王室助成金から支出された費用を返済したいという希望を共有していた[16]。」 9月には公爵によって全額を返済されたとされている[17][18]

2020年11月にはサセックス公爵夫妻の私物がすべてコテージから撤去され、ユージェニー王女とその夫ジャック・ブルックスバンク英語版が引っ越してきたと報じられた[19][20][21]。しかし、 その翌月にこのコテージが空家になったと報じられた[19]

脚注編集

  1. ^ Frogmore Cottage, Windsor 1860-69”. Royal Collection Trust. 2019年4月6日閲覧。
  2. ^ Historic England. "Frogmore Cottage in Frogmore Grounds (Grade II) (1117778)". National Heritage List for England (英語). 2019年4月8日閲覧
  3. ^ Jane Roberts, Lady Roberts (1997). Royal Landscape: The Gardens and Parks of Windsor. Yale University Press. p. 227. ISBN 978-0-300-07079-8. https://books.google.com/books?id=GYoMNbYfsQ4C 
  4. ^ Queen Victoria (25 September 2014). The Letters of Queen Victoria. Cambridge University Press. p. 410. ISBN 978-1-108-07780-4. https://books.google.com/books?id=PZZxBAAAQBAJ 
  5. ^ Historic England, "Frogmore Cottage in Frogmore Grounds (1117778)", National Heritage List for England (英語), 2019年7月8日閲覧
  6. ^ Daniel Maudlin (24 July 2015). The Idea of the Cottage in English Architecture, 1760 - 1860. Routledge. ISBN 978-1-317-64315-9. https://books.google.com/books?id=lTs-CgAAQBAJ 
  7. ^ Jenny Helin; Tor Hernes; Daniel Hjorth; Robin Holt (15 May 2014). The Oxford Handbook of Process Philosophy and Organization Studies. Oxford University Press. p. 213. ISBN 978-0-19-164810-6. https://books.google.com/books?id=xmoFBAAAQBAJ 
  8. ^ Scientific American: Supplement. Munn and Company. (1897). p. 18255. https://books.google.com/books?id=5nQ3AQAAMAAJ 
  9. ^ Greg King (4 June 2007). Twilight of Splendor: The Court of Queen Victoria During Her Diamond Jubilee Year. John Wiley & Sons. p. 201. ISBN 978-0-470-04439-1. https://books.google.com/books?id=tNa57nc2S0wC 
  10. ^ Toby Faber (4 September 2008). Faberge's Eggs: One Man's Masterpieces and the End of an Empire. Pan Macmillan. ISBN 978-0-230-71396-3. https://books.google.com/books?id=U5RGaBZFsQgC 
  11. ^ Search for planning applications”. publicaccess.rbwm.gov.uk. 2019年5月8日閲覧。
  12. ^ Sawer, Patrick (2019年3月3日). “Duke and Duchess of Sussex to move to Frogmore House and begin family life”. The Telegraph. オリジナルの2019年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20190303202023/https://www.telegraph.co.uk/news/2018/11/24/prince-harry-meghan-say-goodbye-prince-william-catherine-move/ 2018年11月25日閲覧。 
  13. ^ Gonzales, Erica (2019年4月4日). “Meghan Markle and Prince Harry Just Officially Moved Out of London”. https://www.harpersbazaar.com/celebrity/latest/a27042424/meghan-markle-prince-harry-move-to-frogmore-cottage/ 2019年4月26日閲覧。 
  14. ^ “PRINCE HARRY AND MEGHAN MARKLE'S HOME RENOVATIONS COST TAXPAYERS £2.4M”. https://www.independent.co.uk/life-style/meghan-markle-prince-harry-home-cost-royal-family-accounts-a8972651.html 2019年7月1日閲覧。 
  15. ^ Murphy, Victoria (2019年6月24日). “Prince Harry and Meghan Markle's Renovations to Frogmore Cottage Cost $3.05 Million in Public Funds”. 2019年8月10日閲覧。
  16. ^ Statement from Her Majesty The Queen | The Royal Family”. Royal.uk (2020年1月18日). 2020年1月19日閲覧。
  17. ^ Prince Harry: Frogmore Cottage renovation cost repaid”. BBC News (2020年9月7日). 2020年9月7日閲覧。
  18. ^ Prince Harry and Meghan refund UK taxpayers for home renovation”. Reuters (2020年9月7日). 2020年9月9日閲覧。
  19. ^ a b Kayleigh Roberts (2020年12月12日). “Princess Eugenie Reportedly Moved Out of Frogmore Cottage After Just Six Weeks”. Marie Claire. https://www.marieclaire.com/celebrity/a34950562/princess-eugenie-moved-out-of-frogmore-cottage-after-just-six-weeks/ 2020年12月12日閲覧。 
  20. ^ Roberto, Melissa (2020年11月21日). “Princess Eugenie moves into Meghan Markle, Prince Harry's Frogmore Cottage: source”. Fox News. https://www.foxnews.com/entertainment/meghan-markle-prince-harry-princess-eugenie-frogmore-cottage 2020年11月21日閲覧。 
  21. ^ Princess Eugenie Moves Into Prince Harry and Meghan Markle's Frogmore Cottage Home”. People. 2020年11月21日閲覧。