フローレンス・スコーヴェル・シン

フローレンス・スコーヴェル・シン(Florence Scovel Shinn、1871年 - 1940年)は、アメリカ合衆国女性芸術家イラストレーターニューソートのスピリチュアルな著作家。アメリカ、およびヨーロッパでは自己啓発書作家として知られ、『ゲームの法則』(The Game of Life and How to Play It、1925)が最も有名である。

フローレンス・スコーヴェル・シン
Florence Scovel Shinn
Photo Florence Scovel Shinn.jpg
生誕1871年9月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, カムデン (ニュージャージー州)
死没1947年10月17日

概略編集

1871年アメリカ合衆国ニュージャージー州カムデン郡カムデン市の生まれた。フィラデルフィアのペンシルベニア美術アカデミーで美術を学んだ。ニューヨークの新聞社で挿絵画家として働き、同じ挿絵画家で、後に画家として成功するエヴァレット・シンと1898年に結婚したが、1912年に離婚した。芸術家・ニューソートの著作家として活躍した。自己啓発書の歴史のなかでも比較的早期の人物である。

思想編集

その思想はニューソートに基づいており、「心に描いたことは必ず現実になる。良いことも悪いことも自分の心が作り出したもの」という、現代の自己啓発とも共通する主張をしていた。思想は聖書の言葉と共に説明されている。主な主張は下記のとおりである。

  • 人生の成功は潜在意識の使い方にかかっている。
  • 肯定的な言葉を使う。
  • 求めるものはすべて与えられる。
  • 他人を変えるのではなく、自分を変える。
  • 願ったことはすでに受け取っていると宣言する。

著書編集

美術作品編集

関連項目編集