ブダシリ (忠順王)

ブダシリ(モンゴル語: Budaširi,中国語: 卜答失里,? - 1439年)とは、チンギス・カンの第二子チャガタイの子孫で、哈密衛ハミル)の統治者。先々代のハミル王トクトの息子。『明実録』などの漢字表記は卜答失里

概要編集

先代のハミル統治者メンリ・テムルは宣徳元年(1426年)に亡くなった。即位したばかりの宣徳帝は先代君主トクトが元々「忠順王」であったこと、またトクトの息子ブダシリが成長していることを考慮し、ブダシリを哈密忠順王に封じることを通達した[1]

しかし、宣徳3年(1428年)にはブダシリがまだ幼いという理由から、明朝は使者を派遣してメンリ・テムルの息子トゴン・テムルを「忠義王」に任じた[2]。これ以後、ハミルには「忠順王」と「忠義王」が並び立つこととなる[3]

その後もブダシリは定期的に明朝への朝貢を続けていたが、正統4年(1439年)に亡くなった。ブダシリの死後、忠順王位は息子のハリール・スルタンに引き継がれた[4]

哈密衛君主編集

  1. 哈梅里王グナシリ(Unaširi,兀納失里/Kūnāshīrīکوناشیری):在位1380年-1393年
  2. 忠順王エンケ・テムル(Engke Temür,安克帖木児/Anka tīmūrانکه تیمور):在位1393年-1405年
  3. 忠順王トクト(Toqto,脱脱):1405年3月-1411年3月
  4. 忠義王メンリ・テムル(Mengli Temür,免力帖木児/Manglī tīmūr bāīrīمنگلی تیمور بایری):在位1411年3月—1425年12月
  5. 忠順王ブダシリ(Budaširi,卜答失里):1425年12月—1439年12月
  6. 忠義王トゴン・テムルToγon Temür,脱歓帖木児):1427年9月—1437年11月
  7. 忠義王トクトア・テムル(Toqto Temür,脱脱塔木児):1437年11月—1439年
  8. 忠順王ハリール・スルタン(Khalīl sulṭān,哈力鎖魯檀):1439年12月—1457年8月
  9. 忠順王ブレゲ(Bürege,卜列革):1457年9月—1460年3月
  10. 忠順王バグ・テムルBaγ Temür,把塔木児):1466年—1472年11月
  11. 忠順王ハンシン(Qanšin,罕慎):1472年11月—1488年
  12. 忠順王エンケ・ボラト(Engke Bolad,奄克孛剌):1488年—1497年12月
  13. 忠順王シャンバ(Šamba,陝巴):1492年2月—1493年4月、1497年12月—1505年10月
  14. 忠順王バヤジット(Beyazıt,拝牙即):1505年10月—1513年8月

脚注編集

  1. ^ 『明宣宗実録』宣德元年正月庚戌「遣使祭遣使祭故哈密忠義王免力帖木児、仍命其姪卜答失里嗣封忠順王。先是、上諭行在礼部臣曰、哈密受皇祖厚恩、封為王、而能恭修臣職。今既死、宜有継承。然免力帖木児初承其兄忠順王脱脱、今脱脱子卜答失里亦長。宜仍立為忠順王、守其地。賜以綺帛、其諸臣亦皆賜賚。復賜詔諭之曰……」
  2. ^ 『明宣宗実録』宣德三年正月「以哈密忠順王卜答失里尚幼未能勝事、遣使立故忠義王免力帖木児之子脱歓帖木児嗣為忠義王、俾同忠順王綏撫部属……」
  3. ^ 『明史』巻329西域1,「[宣徳]三年以卜答失里年幼、命脱歓帖木児嗣忠義王、同理国事。自是、二王并貢、歳或三四至、奏求婚娶礼市、命悉予之」
  4. ^ 『明英宗実録』正統四年十二月戊寅「……故哈密忠順王卜答失里男哈力鎖魯檀為忠順王。賜勅諭之曰、比聞、爾父忠順王卜答失里已卒。哈密軍民無所統属、茲特遣使齎勅命、爾哈力鎖魯檀承襲父爵……」

参考文献編集

  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年
  • 永元壽典「明初の哈密王家について : 成祖のコムル経営」 『東洋史研究』第22巻、1963年
  • 松村潤「明代哈密王家の起原」『東洋学報』39巻4号、1957年