ブランカ・デ・ポルトゥガル (1198-1240)

ブランカ・デ・ポルトゥガルポルトガル語:Branca de Portugal, 1198年 - 1240年ごろ[1])は、ポルトガル王女(インファンタ)。

ブランカ・デ・ポルトゥガル
Branca de Portugal
D. Branca, Infanta de Portugal, Senhora de Guadalajara - The Portuguese Genealogy (Genealogia dos Reis de Portugal).png

出生 1198年
PortugueseFlag1185.svg ポルトガル王国
死去 1240年ごろ
Flag of Castile.svg カスティーリャ王国グアダラハラ
埋葬 PortugueseFlag1185.svg ポルトガル王国コインブラサンタ・クルース修道院
家名 ブルゴーニュ家
父親 ポルトガル王サンシュ1世
母親 ドゥルセ・ベレンゲル・デ・バルセロナ
テンプレートを表示

生涯編集

ポルトガル王サンシュ1世ドゥルセ・ベレンゲル・デ・バルセロナの第8子。ベレンガリアと双子とも考えられている[1]。父王とその愛妾マリア・パイス・デ・リベイラ("a Ribeirinha")により宮廷で育てられた。ブランカは8歳か10歳のころに、姉たちとともに住むためロルヴン修道院に送られた。後にグアダラハラ修道院の修道女となった。1240年ごろに死去し、母が埋葬されていたコインブラサンタ・クルース修道院に埋葬された[2]

脚注編集

参考文献編集

  • Rodrigues Oliveira, Ana (2010) (ポルトガル語). Rainhas medievais de Portugal. Dezassete mulheres, duas dinastias, quatro séculos de História. Lisbon: A esfera dos livros. ISBN 978-989-626-261-7