ブルジョワ疑似科学

ブルジョワ疑似科学(ブルジョワぎじかがく、ロシア語: Буржуазная лженаука)は、イデオロギー観点英語版から許されないと見なされた特定の科学分野についてのソビエト連邦における糾弾用語であった[1][2]

何度も「ブルジョワ疑似科学」と呼ばれたのは遺伝学[注 1]サイバネティックス社会学記号学比較言語学[注 2]であった。この姿勢はヨシフ・スターリンの統治の間に最も広く行き渡った。

注と出典編集

編集

出典編集

  1. ^ Loren R. Graham (2004) Science in Russia and the Soviet Union. A Short History. Series: Cambridge Studies in the History of Science. Cambridge University Press. 978-0-521-28789-0
  2. ^ Mark Walker (2002) Science and Ideology. A Comparative History. Series: Routledge Studies in the History of Science, Technology and Medicine. Routledge. 978-0-415-27122-6

関連項目編集