ブルー・ジュース

ブルー・ジュース』(Blue Juice)は1995年イギリスの映画

ブルー・ジュース
Blue Juice
監督 カール・プリチェイザー
脚本 ピーター・サルミ
カール・プリチェイザー
製作 サイモン・レルフ
ピーター・サルミ
出演者 ショーン・パートウィー
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ユアン・マクレガー
音楽 サイモン・デイヴィソン
撮影 リチャード・グレイトレックス
編集 マイケル・エリス
配給 日本の旗レイドバック・コーポレーション
公開 イギリスの旗1995年9月15日
日本の旗1996年6月6日
上映時間 90分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $4,535[1]
テンプレートを表示

危険なビーチでのサーフィンに挑む若者たちを描いた青春映画

主演はショーン・パートウィーキャサリン・ゼタ=ジョーンズ

ストーリー編集

イギリスコーンウォール

JC(ショーン・パートウィー)は、幼なじみのディーン(ユアン・マクレガー)やジュシュ(スティーヴン・マッキントッシュ)らとサーフィンに打ち込む青春の日々を送っていた。

しかし、JCの恋人クロエ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)は、喫茶店を開いて安定した生活を送りたいと望み、サーファー仲間と距離を置くよう望んでいた。

ある日、ビーチで開かれたパーティで、JCはディーンとかねてより目標としていたボーンヤード(墓場)というビーチの件で口論する。

台風が近づく中、不安をつのらせるクロエを他所に、ディーンはJCとボーンヤードでサーフィンすることを新聞社に売り込む。

しかし、JCはクロエを気にして海へ行かず、新聞記者に無謀と責められたディーンは、一人でボーンヤードへ向かう。

ディーンが気になるJCは結局海へ向かい、命懸けでディーンを救うが、クロエに別れを告げられてしまう。

キャスト編集

関連商品編集

脚注編集

  1. ^ Blue Juice (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2015年8月16日閲覧。
  2. ^ ブルージュース【日本語吹替版】[VHS]”. Amazon.co.jp. 2015年8月17日閲覧。
  3. ^ 【DVD】キャサリン・ゼタ=ジョーンズのブルー・ジュース”. allcinema. 2015年8月17日閲覧。

外部リンク編集