プブリウス・セルウィリウス・ゲミヌス

プブリウス・セルウィリウス・ゲミヌスラテン語: Publius Servilius Geminus、生没年不詳)は紀元前3世紀中期の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前252年紀元前248年執政官(コンスル)を務めた。第一次ポエニ戦争の最中であり、ゲミヌスはシケリアで戦った。詩人エンニウスの友人とも言われている。

Rmn-social-header-1-.svg
プブリウス・セルウィリウス・ゲミヌス
P. Servilius Q.f. Cn.n. Geminus
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 セルウィリウス氏族
官職 執政官(紀元前252年、紀元前248年)
テンプレートを表示

出自編集

パトリキであるセルウィリウス氏族の出身。セルウィウス氏族はアルバ・ロンガから最初にローマに移住した6氏族の一つである[1]。カピトリニスのファスティによれば、父のプラエノーメン(第一名、個人名)はクィントゥス、祖父はグナエウスである[2]。彼にはクィントゥスという双子の兄弟がおり、これがコグノーメン(第三名、家族名)であるゲミヌス(双子)の由来となり、彼の子孫もこれを引き継いだ[3]。クィントゥスに関しては名前以外は何も知られていない[4]紀元前253年の執政官グナエウス・セルウィリウス・カエピオはいとこである[5]

ゲミヌスには二人の息子がいた。一人は紀元前217年の執政官グナエウス・セルウィリウス・ゲミヌス、もう一人は紀元前218年法務官(プラエトル)ガイウス・セルウィリウス・ゲミヌスである。ガイウスはガリアとの戦争で15年間捕虜となり、同名の息子である紀元前203年の執政官ガイウス・セルウィリウス・ゲミヌスに救出されている[6]

経歴編集

ゲミヌスが資料に登場するのは、紀元前252年と紀元前248年の執政官時代に関するもののみである。何れの場合も、同僚執政官はプレブス(平民)のガイウス・アウレリウス・コッタであり[7][8]、翌年の執政官の一人はルキウス・カエキリウス・メテッルスであった。歴史学者のE. Badianは、彼ら3つのノビレス(新貴族)氏族、アウレリウス氏族セルウィリウス氏族およびカエキリウス・メテッルス家の間に強い同盟関係があったと結論づけている。この同盟関係は、紀元前2世紀末まで続いた[9]。コッタとゲミニスは共同してシケリアカルタゴと戦った。この間に記録に頻繁に登場するのはコッタであり、ゲミヌスはその影に隠れている[7]

紀元前252年、両執政官は、シケリア北岸のヒメラを含むカルタゴの拠点を占領している[10]。ローマに戻ったコッタは「シケリアのカルタゴ軍」に対する勝利を讃え、凱旋式を実施する栄誉を得た[11]。紀元前248年、両執政官は再度シケリアに派遣されたが、明確な勝利を得ることはできなかった。ローマ、カルタゴ両軍共に長期にわたる戦争に疲弊しており、積極的な作戦は行わなかった。カルタゴ軍はリルバイウム(現在のマルサーラ)とドレパナ(現在のトラーパニ)に立て篭もっており、両執政官はどちらの都市も攻略することができなかった[12]

2世紀の歴史家アウルス・ゲッリウスは、その著作『アッティカ夜話』の中で、エンニウスの『年代記』7巻にある話として、

高貴、誠実、礼儀正しく、謙虚、忠義の人物であるセルウィリウス・ゲミヌス...

— アウルス・ゲッリウス『アッティカ夜話』XII, 4.

と述べ、著名で高い地位にある人物が持つべき資質を列記している[13]。ゲッリウスはこのセルウィリウス・ゲミヌスとはプブリウスのことと考えていたようであるが、現代の研究者は息子のことと考えている[14]

脚注編集

  1. ^ Geiger J., 1973, p. 143.
  2. ^ カピトリヌスのファスティ(紀元前253年)
  3. ^ Münzer F, "Servilius 59ff", 1942, s. 1791.
  4. ^ Münzer F, "Servilius 63", 1942, s. 1796.
  5. ^ Münzer F, "Servilii Caepiones", 1942 , s. 1777-1778.
  6. ^ Münzer F, "Servilius 59", 1942 , s. 1791.
  7. ^ a b Münzer F. "Servilius 62", 1942, s. 1796.
  8. ^ Broughton R., 1951, p. 212; 215.
  9. ^ Bédian E., 2010 , p. 167-168.
  10. ^ Rodionov E., 2005 , p. 112.
  11. ^ Clebs E. "Aurelius 94", 1896, s. 2481.
  12. ^ Clebs E. "Aurelius 94", 1896, s. 2482.
  13. ^ アウルス・ゲッリウス『アッティカ夜話』XII, 4.
  14. ^ アウルス・ゲッリウス『アッティカ夜話』XII, 25.

参考資料編集

古代の資料編集

研究書編集

  • Bédian E. "Cepion and Norban (notes on the decade of 100-90 BC)" // Studia Historica. - 2010. - number X . - P. 162-207 .
  • Rodionov E. "Punic Wars." - St. Petersburg. : SPbGU, 2005. - 626 p. - ISBN 5-288-03650-0 .
  • Broughton R. "Magistrates of the Roman Republic." - New York, 1951. - Vol. I. - P. 600.
  • Clebs E. "Aurelius 94" // RE. - 1896. - T. II, 2 . - С. 2481-2482 .
  • Geiger J. "The Last Servilii Caepiones of the Republic" // Ancient Society. - 1973. - No. IV . - P. 143-156 .
  • Münzer F. "Servilii Caepiones" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1942. - Bd. II A, 2. - Kol. 1775-1780.
  • Münzer F. "Servilius 59" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1942. - Bd. II A, 2. - Kol. 1791-1792.
  • Münzer F. "Servilius 59ff" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1942. - Bd. II A, 2. - Kol. 1791.
  • Münzer F. "Servilius 62" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1942. - Bd. II A, 2. - Kol. 1795-1796.
  • Münzer F. "Servilius 63" // Paulys Realencyclopädie der classischen Altertumswissenschaft . - 1942. - Bd. II A, 2. - Kol. 1796.

関連項目編集

公職
先代:
グナエウス・セルウィリウス・カエピオ I
ガイウス・センプロニウス・ブラエスス
執政官
同僚:ガイウス・アウレリウス・コッタ I
紀元前252年
次代:
ルキウス・カエキリウス・メテッルス I
ガイウス・フリウス・パキルス
先代:
プブリウス・クラウディウス・プルケル
ルキウス・ユニウス・プッルス
執政官
同僚:ガイウス・アウレリウス・コッタ II
紀元前248年
次代:
ルキウス・カエキリウス・メテッルス II
マルクス・ファビウス・ブテオ