プラエネスティーナ街道

プラエネスティーナ街道ラテン語: Via Praenestina)は古代ローマローマ街道で、ローマと約18km東のガビ (Gabiiを結んでいた。そのため当初はガビ街道と呼ばれていたが、更に約15km南東のプラエネステ(現:パレストリーナ)まで延伸されたことから、この呼び名となった。その後、アペニン山脈のアニオ川(アニエーネ川)源流域まで延伸された。

ローマ市内の起点はセルウィウス城壁エスクイリーナ門で、その後アウレリアヌス城壁プラエネスティーナ門(現 マッジョーレ門)の所で通り抜け市外に続いていた。起点からプラエネスティーナ門まではラビカナ街道と同じ経路を通っていた。

街道の経路図編集

 
プラエネスティーナ街道の経路(赤線)

関連項目編集