メインメニューを開く

プラチナ世代(プラチナせだい)は、渡辺淳一が、シルバー世代に代わる名前として用いた造語である。

概要編集

渡辺淳一がエッセイ『熟年革命』で用いた造語であり、元気でアクティブな高齢者を指す言葉として使用されている。シルバーというほど地味でもなく、色あせず長年輝き続けるという意味で使われる[1][2][3]

日本のサッカー選手について、2005年に韓国で開催されたMBC国際ユーストーナメントでU-13日本代表として出場して優勝した選手層に対しても呼ばれることがある。詳しくは黄金世代#プラチナ世代を参照。

日本の野球選手について、1988年度生まれのプロ野球選手はプラチナ世代と呼ばれることがある[4]

引用編集

関連項目編集