プラフラ・チャンドラ・レイ

プラフラ チャンドラ レイ ( Prafulla Chandra Ray、1861年8月2日1944年6月16日 )[1] CIE 、 FNI 、 FRASB 、 FIAS 、 FCS (ベンガル語: প্রফুল্ল চন্দ্র রায় PraphullaChandraRāy) は、著名なベンガル化学者教育者歴史家実業家慈善家である。彼は化学の最初の近代的なインドの研究学校を設立し、インド化学の父と見なされている。[2]

プラフラ・チャンドラ・レイ
আত্মচরিত (প্রফুল্লচন্দ্র রায়) 005.tif
生誕 Prafulla Chandra Ray
1861年8月2日
ジョソール県,ベンガル管区, イギリス領インド帝国
死没 1944年6月16日(1944-06-16)(82歳)
コルカタ, ベンガル管区, イギリス領インド帝国
国籍 Flag of Imperial India.svgイギリス領インド帝国
研究分野
出身校 コルカタ大学 (B.A.)
エディンバラ大学
署名
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

生涯編集

家族の背景編集

幼年期および早期教育(1866-1882)編集

 
若いプラフラチャンドラレイ

キャリア編集

 
コルカタのビルラ産業技術博物館の庭にあるプラフラチャンドラレイの胸像

科学研究編集

認識と栄誉編集

 
Acharya Prafulla ChandraRayの署名
 
1961年のインド切手のレイ
 
Prafulla Chandra Rayに関する展覧会は、生誕150周年(2011年8月2日)にコルカタのサイエンスシティで開催されました。

参考文献編集

  • (1886). Essays on India. Edinburgh: University of Edinburgh 
  • (1895). Chemical Research at the Presidency College, Calcutta. Calcutta: Hare Press  (1897年に転載)
  • (1902). Saral Prani Bijnan (Simple Science). Calcutta: Cherry Press 
  • (1902). A History of Hindu Chemistry, Volume I. Calcutta: Bengal Chemical and Pharmaceutical Works 
    彼が発表した科学論文の完全なリストについては、 Journal of the Indian ChemicalSocietyの死亡記事を参照してください。

ノート編集

参考文献編集

  1. ^ “Obituary: Sir Prafulla Chandra Ray”. Journal of the Indian Chemical Society XXI: 253–260. (1944). 
  2. ^ Uma Dasgupta (2011). Science and Modern India: An Institutional History, C. 1784–1947. Pearson Education India. pp. 137. ISBN 978-81-317-2818-5. https://books.google.com/books?id=lrx3wLz4itkC&pg=PA137 

外部リンク編集