プリントスクリーン

プリントスクリーン(PrtSc、英:Print screen)は、コンピュータ用のキーボードのキーの一つで、スクリーンショットを撮るために、表示されている画面イメージをクリップボードなどにコピーする用途に使用される。

概要編集

プリントスクリーンは現在では多数のキーボードに搭載されている。「プリントスクリーン」(Print screen)の略称や呼称は、「Prt Scr」、「Print Scrn」、「Prt Scn」、「Prt Sc」、「Prnt Scrn」、「プリスク」、「画面印刷」など多数がある。

通常はAltキーとの同時押しでシステムリクエストキーを兼ねているが、こちらは元々はメインフレーム由来であり、Microsoft Windows ではカレントウィンドウのスクリーンショットを撮るために使われている。こちらは、「SysRq」などと省略されることがある。

歴史編集

当初はコマンドラインベースのオペレーティングシステムなどで、現在表示されている画面イメージを、メモリーバッファから標準プリンター(通常はLPT1)にコピーする用途に使用された。つまり、プリントスクリーンキーを押すと、現在の画面(スクリーン)表示を印刷(プリント)できた。

その後登場したGUIを使用したオペレーティングシステムでは、現在の画面イメージのビットマップを、クリップボードまたは類似の記憶エリアにコピーする用途に変更され、クリップボードなどにコピーしたビットマップを文書などにスクリーンショットとして挿入(貼り付け)することができるようになった。

使用法編集

Microsoft Windows編集

Microsoft Windowsでは、プリントスクリーンを押すと画面全体が、Altキーを併用する( Alt+ PrtSc)と現在選択されている(フォーカスされた)ウィンドウだけが、キャプチャされる。キャプチャされたイメージはワープロソフトメールソフトグラフィックソフトウェアなどに貼り付けすることができる。ただしノートパソコンの場合は機種により Fn+ PrtSc Shift+ PrtScCtrl+ PrtSc などの場合もある [1]

macOS編集

macOSでは Command- Shift-3 のキー操作で、イメージをファイルやディスクに保存できる。画面の選択した範囲だけをキャプチャしたい場合は、 Command- Shift-4 のキー操作で、クロスヘアーカーソルが現れ、希望する場所へドラッグできる。これらのキー操作でファイルをユーザーのデスクトップに保管でき、更にコントロールキーを押せば動作を変更できる。  

iOS編集

iPhoneなどのiOSでは、スリープボタンを押しながらホームボタンを押すとスクリーンショットがとれる。撮った物は写真アプリの中に保存されている。

GNOME と KDE編集

Linuxなどで使われているデスクトップ環境GNOMEKDEでは、プリントスクリーンはデフォルトではWindowsとほぼ同じ動作をする。ただしポップアップウィンドウが追加で起動し、コピーしたスクリーンショットをファイル(デフォルトではPNGフォーマット)で保存するか尋ねてくる。

RISC OS編集

RISC OSではプリントスクリーンを押すと、Windowsで Ctrl+P を押した場合や、Macintoshで Command+P を押した場合のように、ダイアログボックスが現れる。

参照編集

  1. ^ セットアップのビデオの問題で Shift + PrintScreen キーを使用します。

関連項目編集

外部リンク編集