プレスブレーキ: press brake)は、薄い金属板に「曲げ加工」をするためのプレス機械

プレスブレーキ
Bystronic製)

概要編集

 
プレスブレーキによる曲げ加工(3D図)
 
プレスブレーキによる曲げ加工(2D図)
 
プレスブレーキによる曲げ加工(写真)
  • 主に薄板の鋼板アルミ板などの曲げ加工に用いられる。
  • フレーム形状としては「C形」及び「ストレートサイド形」があり、機械の横幅が広く、上下動の駆動装置は油圧式・機械式ともに複数組み込まれていることが多い。
  • 幅の広い(単体だと4mまでの場合が多い)ワークの曲げ加工ができるが、機械構造や駆動装置の構造上、全長にわたって同じ角度に曲げることは難しい。 金型スライドボルスター間に紙などのスペーサーを挟んでワークにかかる圧力を部分的に調整するなどの措置が必要で、使いこなすにはある程度の熟練が必要である。

駆動方式編集

油圧式プレスブレーキ編集

  • スライドの駆動機構に油圧シリンダーが用いられる。下死点や負荷加重を自在に制御できる特徴があり、現在の主流となっている。
  • 同じプレスブレーキを複数台横に並べて、長尺材の曲げ加工をすることもできる。

機械式プレスブレーキ編集

主なメーカー編集