プロジェクト‐ノート:柔道

Active discussions


柔道家の特筆性について編集

柔道家の特筆性についてもっと詳細に論じたいと思う。

人物記事作成の目安

2.JudoInside.com に記事のある選手。

上記のように、JudoInside.com に記事がある選手に特筆性を認めるというのは、無理があるにも程がある。大体、JudoInside.com には国内大会で2位3位になっただけの選手や、一般的な知名度が全くないローカル国際大会でメダルを一度獲得しただけという選手、国内のジュニアやカデの大会で3位になっただけでシニアでは何の実績もない選手、それどころか何の実績も記載されていないような選手も多数載っている。

柔道家の特筆性に関しては以下のWikipedia:特筆性 (人物)に準拠すべきだと思われる。

スポーツ選手編集

  • オリンピック世界選手権ワールドカップなどの最高レベルの大会に出場した選手。
  • 各国のトップレベルのリーグ戦に1試合以上出場した選手。
  • シニアレベルの国際大会においてメダルを獲得したり入賞した選手。
  • ジュニアレベルでの世界選手権などで優勝した選手。
  • 日本選手権大会など国別の選手権(年齢別大会を除く)で優勝した選手。
  • 世界記録を樹立した選手。
  • 殿堂入りした人物。
  • その他各競技において特筆すべき実績のある選手、指導者。


柔道における最高レベルの大会は、オリンピック世界選手権であることは言を俟たないだろう。

  • シニアレベルの国際大会においてメダルを獲得したり入賞した選手。

これをどう定義するかだが、国際大会と名の付くものなら何でも認めるというのは無茶苦茶にも程がある。国際大会などそれこそピンからキリまであって、レベルも千差万別なので。従って、記事の粗製濫造を避けるために、IJF世界ランキング対象大会であるコンチネンタルオープングランプリグランドスラムワールドマスターズ大陸選手権でメダルを獲得したことのある選手に限定すべきだと思う(個人的には極めて低レベルなオセアニア選手権の場合は、優勝者以外特筆性を認めたくないけど)。それに加えて、ランキング対象大会ではないが、世界団体のメンバーに登録されて実際の試合に1試合以上出場した選手、学生世界一を決めるユニバーシアードでメダルを獲得した選手をも含める。その他、参加人数は少ないがレベルは低くない(少なくともオセアニア選手権などより遥かにレベルが高い)東アジア選手権や、東アジア大会東南アジア競技大会地中海競技大会などといった地域の総合競技大会の優勝者(実際に試合に出場した団体戦の優勝メンバーも含める)にも特筆性を認める。

  • ジュニアレベルでの世界選手権などで優勝した選手。

世界ジュニア世界カデの優勝者は文句なしに特筆性があるけど、世界ジュニアに関しては世界カデより一段レベルの高い大会なので2位、3位の選手も特筆性を認めても良いと思う。参考までに、フィギュアスケートの場合は世界ジュニアのメダリストに特筆性を認めている[1]。世界カデに関しては年代的に言って優勝者のみでよいだろう。団体戦の場合は、優勝チームの登録メンバーで1試合以上出場した選手を対象にすべきだと思う。

これも各国の国内選手権のレベルがピンからキリまでなので、どう考えたって全ての国の国内選手権を対象にすべきではない。IJFが運営するjudobase.org[2]で示されているメダル獲得国一覧の上位10カ国(あるいは多くてもせいぜい20カ国)以内の国内選手権に限定すべき。ほとんど出場者もいない、あるいは国際大会に出場するレベルには程遠いような選手しかいないといった、国内選手権の体もなしていないような国の優勝者さえも特筆性が生じてしまうことを避けるために必要な措置。

  • その他各競技において特筆すべき実績のある選手、指導者。

コーチとして、(上記で規定した)全国大会や世界ランキング対象大会で活躍する選手を育成して、その名が2次資料によって確認できる指導者などを対象にすべきだと思われる。それ以外のケースは、個別に検討する。

柔道家の特筆性について 追加編集

Wikipedia:特筆性 (人物)スポーツ選手の項に

  • 各国のトップレベルのリーグ戦に1試合以上出場した選手。

と言う項目があるけど、これを柔道選手にあてはめた場合、全日本柔道選手権大会皇后盃全日本女子柔道選手権大会全日本選抜柔道体重別選手権大会の3大会が該当すると思う。この3大会に出場した事のある選手は紛うことなく柔道界ではトップレベルの選手と評価して差し支えないと思う(全日本選手権の一部地区予選から勝ち上がってきた選手は必ずしもそうとは言えないだろうが、選抜柔道体重別選手権大会は各階級8名しか出場できないわけだから、掛け値なしのトップレベルと言える)。 なので上記の3大会に出場したことのある選手にも特筆性を認めるべきではないだろうか 男女の全日本選手権に関しては地区予選のレベルにかなり差があるので、本戦に出場を果たしてなおかつベスト16以上の選手に特筆性を認めるという条件を付けるのが妥当かと思われる。なお、女子の選抜柔道体重別選手権大会は1994年まで強化委員会による若干名の推薦選手及び地区予選から勝ち上がってきた合計25名前後の選手によって争われており、それが1995年から強化委員会が推薦した12名、2000年から現在のように強化委員会が推薦した8名のみの大会となったが、1994年までの大会に出場した選手の場合はベスト8以上の選手に特筆性を認めるという条件を付けるべきだろう--帯ベスト会話) 2016年10月20日 (木) 10:08 (UTC)

追加提案されてから2週間以上経過しても何の意見も反論もないので、この試案を柔道家の特筆性の基準に加えます。--帯ベスト会話) 2016年11月6日 (日) 10:29 (UTC)

オリンピック出場選手のカテゴリ作成提案編集

オリンピック出場選手のカテゴリの作成を提案します。プロジェクト‐ノート:オリンピック/オリンピック関連記事命名方針の最終決定 (続き)でのオリンピック関連記事の議論によりCategory:2016年リオデジャネイロオリンピック柔道出場選手en:Category:Judoka at the 2016 Summer Olympics)のように全ての大会(en:Category:Olympic judoka by year)で作成します。カテゴリの追加作業はbot作業依頼にお願いしたいと考えています。ご意見があればお願いします。--Rain night 2017年2月10日 (金) 05:25 (UTC)

それは是が非でも必要なカテゴリなんだろうか。Tiyoringo氏は「各階級のメダリストと出場した選手全員が混在するカテゴリを作成してもあまり意味がない」と述べていたが、自分もそのように思う--帯ベスト会話) 2017年2月10日 (金) 14:18 (UTC)

階級名について編集

「超軽量級」とか「軽軽量級」「軽中量級」という名称は正しいんですか?Wikipedia以外でこの表記見たことないんですが。あと昔の軽量級を今の73kg級、中量級を今の90kg級と表記してますが、ネット掲示板によると1976年までの軽量級は今の60kg級、中量級は今の81kg級に当たると聞いたのですが。--Small会話) 2019年5月16日 (木) 21:56 (UTC)

IJFや日本以外ではもっと最近までkg表示はしなかった気がします。国際大会でのテレビ中継でも英語ではkg表示はもっと最近まで見なかったです。--Hiroshi takahashi会話) 2019年5月16日 (木) 22:12 (UTC)
そうなんですか。しかし「超軽量級」「軽軽量級」というような言い方は正しいのでしょうか?英語版の項目によれば、階級は下から「Extra Lightweight」「Half Lightweight」「Lightweight」「Half Middleweight」「Middleweight」「Half Heavyweight」「Heavyweight」のようです。これを日本語訳すれば「Half Lightweight」(男子66kg級・女子52kg級)は「半軽量級」、「Half Middleweight」(男子81kg級・女子63kg級)は「半中量級」となるのが正しいのでは?「軽~級」という名称はどこから出てきたのでしょうか(「Extra Lightweight」はどう訳すべきか)。それと五階級だった時代の63kg級は現在の73kg級、80kg級は現在の90kg級に対応してるようですが、知恵袋によると昔の63kg級は現在の60kg級、80kg級は現在の81kg級に対応すると考えるほうが正しいという説明がありました。どうなのでしょう?--Small会話) 2019年5月16日 (木) 23:56 (UTC)
全柔連がkg表示にした以降はkg表示でよいのではないですかね。Wikipedia日本語版では。--Hiroshi takahashi会話) 2019年5月17日 (金) 10:39 (UTC)
ただ、国内では平成の中期頃から「軽量級」といった表現は既に廃れていたと思います。--Takagu会話) 2019年5月17日 (金) 06:52 (UTC)
もっと早い時期に全柔連は外国の国際大会についても切り替えたようです。1975年世界柔道選手権大会は漢字表示。1979年世界柔道選手権大会はkg表示。この間に切り替えたのでしょう。「廃れる」とかいうことでなくて明確にある時期から切り替えたんじゃないですかね?--Hiroshi takahashi会話) 2019年5月17日 (金) 11:29 (UTC)
IJFはいつ切り替えたのだろう?現階級になった時かな?--Hiroshi takahashi会話) 2019年5月17日 (金) 13:31 (UTC)
具体的にはどの記事になるでしょうか?--Hiroshi takahashi会話) 2019年5月17日 (金) 13:31 (UTC)
階級のことですか?オリンピックの柔道競技オリンピックの柔道競技・メダリスト一覧に書いてあることです。--Small会話) 2019年5月23日 (木) 01:13 (UTC)
どうもありがとうございます。--Hiroshi takahashi会話) 2019年5月23日 (木) 11:38 (UTC)
  1. ^ プロジェクト:フィギュアスケート
  2. ^ Judobase.org
  3. ページ「柔道」に戻る。