ヘイッキ・アリコスキ

フィンランドの天文学者 (1912-1997)

ヘイッキ・アリコスキ(Heikki A. Alikoski、1912年-1997年)は、フィンランド天文学者である。

発見した小惑星
(1508) ケミ 1938年10月21日
(1512) オウル 1939年3月18日
(1697) コスケンニエミ 1940年9月8日
(1715) サリ 1938年4月9日
(1786) ラーエ 1948年10月9日
(2180) マルヤレーナ 1940年9月8日
(2257) カーリナ 1939年8月18日
(2487) ユハニ 1940年9月8日
(2573) ハンヌ・オラヴィ 1953年3月10日
(2714) マッティ 1938年4月5日
(2911) ミアヘレナ 1938年4月8日
(3776) ヴァルティオヴオリ 1938年4月5日
(4066) ハーパヴェシ 1940年9月7日

人物編集

ユルィヨ・バイサラの下で1937年から1956年までトゥルク天文台の助手として働いていた時に、その名誉を称えて小惑星アリコスキが命名された[1]。自身でも13個の小惑星を発見している。後に、トゥルク天文学光学研究所を設立した。

外部リンク編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ (1567) Alikoski = 1941 HN = 1947 HE = 1947 HG = 1948 OC”. MPC. 2021年7月12日閲覧。