メインメニューを開く

ヘキサジン(Hexazine)またはヘキサアザベンゼン(hexaazabenzene)は、仮想的な窒素の同素体の1つであり、6つの窒素原子がベンゼンアナログになるように、環状に配列している。一連のアザベンゼン(アジン)の最後のものであり、ベンゼンの全てのメチン基が窒素原子に置き換わっている。一連のアザベンゼンの最後の2つであるヘキサジンとペンタジンだけは未だ観測されていないが、その他全て(ピリジンピリミジンピリダジンピラジントリアジンテトラジン)は観測されている。

ヘキサジン
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 7616-35-5 ×
PubChem 11966278
ChemSpider 10140271 ×
ChEBI
Gmelin参照 1819
特性
化学式 N6
モル質量 84.04 g mol−1
精密質量 84.018444030 g mol-1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

安定性編集

ヘキサジン分子は、非常に安定なベンゼン分子の構造と類似している。ベンゼンと同様に、ヘキサジンは恐らく芳香族性を持つと計算されている。しかし、計算機上では、この分子は非常に不安定であると予想されている。この不安定性は、窒素原子上の孤立電子対が静電力によって引かれあい、またシグマ反結合性軌道に電子を供給するためであると考えられている[2]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Hexazine - PubChem Public Chemical Database”. The PubChem Project. USA: National Center for Biotechnology Information. 2010年10月26日閲覧。
  2. ^ J. Fabian and E. Lewars (2004). “Azabenzenes (azines) — The nitrogen derivatives of benzene with one to six N atoms: Stability, homodesmotic stabilization energy, electron distribution, and magnetic ring current; a computational study”. Canadian Journal of Chemistry 82 (1): 50–69. doi:10.1139/v03-178. オリジナルの2005年3月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050329185413/http://pubs.nrc-cnrc.gc.ca/rp/rppdf/v03-178.pdf. 
  • P. Saxe and H. F. Schaefer III (1983). “Cyclic D6h Hexaazabenzene-A Relative Minimum on the N6 Potential Energy Hypersurface?”. Journal of the American Chemical Society 105 (7): 1760–1764. doi:10.1021/ja00345a010. 
  • H. Huber (1982). “Is Hexazine Stable?”. Angewandte Chemie International Edition 21 (1): 64–65. doi:10.1002/anie.198200641. 
  • M. N. Glukhovtsev and P. von Ragué Schleyer (1992). “Structures, bonding and energies of N[6] isomers”. Chemical Physics Letters 198 (6): 547–554. doi:10.1016/0009-2614(92)85029-A. 
  • T.-K. Ha, R. Cimiraglia and M.T. Nguyen (1981). “Can hexazine (N6) be stable?”. Chemical Physics Letters 83 (2): 317–319. doi:10.1016/0009-2614(81)85471-1.