メインメニューを開く

ヘファイストス (2212 Hephaistos) は近日点が地球の軌道の内側にあるアポロ群の火星横断小惑星である。ロシアの女性天文学者リュドミーラ・チェルヌイフが発見した。S. V. M. クリューブの『宇宙からの衝撃』によれば、エンケ彗星に非常に似た軌道をもっていて、彗星のこわれた破片が小惑星になったとされている。

ヘファイストス
2212 Hephaistos
仮符号・別名 1978 SB
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アポロ群
火星横断
発見
発見日 1978年9月27日
発見者 L. I. チェルヌイフ
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 2.166 AU
近日点距離 (q) 0.359 AU
遠日点距離 (Q) 3.973 AU
離心率 (e) 0.834
公転周期 (P) 3.19 年
軌道傾斜角 (i) 11.75°
近日点引数 (ω) 208.52°
昇交点黄経 (Ω) 28.31°
平均近点角 (M) 1.80°
物理的性質
直径 5.7 km
スペクトル分類 SG
絶対等級 (H) 13.87
色指数 (B-V) 0.766
色指数 (U-B) 0.397
Template (ノート 解説) ■Project

目次

名称編集

ギリシア神話の炎と鍛冶の神であるヘーパイストスから命名された[1]。ヘーパイストスは、(1862) アポロ に命名されたアポローンらとともに、オリュンポス十二神の一柱である。

脚注編集

  1. ^ MPC 5849(1981年3月1日)

関連項目編集

外部リンク編集