メインメニューを開く

ヘルマン・オットー・テーオドール・パウルHermann Otto Theodor Paul1846年8月7日1921年12月29日)はドイツ言語学者文献学者ゲルマン語文献学者として活躍する一方、青年文法学派の代表的な学者でもあり、その著『言語史原理』は言語変化に関する理論書として大きな影響を与えた。

生涯編集

(主に福本訳『言語史原理』の解説による)

パウルは現在のマクデブルクで生まれた。1866年にベルリン大学に入学、言語学・心理学者でヴィルヘルム・フォン・フンボルトの後継者であるハイマン・シュタインタールに師事し、その強い影響を受けた。翌年ライプツィヒ大学に転じ、ゲオルク・クルツィウスに学んだ。ライプツィヒでは後に「青年文法学派」と呼ばれるようになる多くの研究者と親交を結んだ。

1870年にライプツィヒ大学を卒業し、同大学の講師となったパウルは、ヴィルヘルム・ブラウネドイツ語版とともに1874年に学術雑誌『ドイツ語ドイツ文学史論究』(Beiträge zur Geschichte der deutschen Sprache und Literatur)を創刊した[1]。この雑誌はパウル・ブラウネ誌(Paul-Braune Beiträge, PBB)と通称され、現在も刊行されている。

1874年にはフライブルク大学のドイツ語学・文学の準教授に就任した(1877年に正教授)。フライブルク時代に『言語史原理』の初版、『中高ドイツ語文法』の初版を出版した。また『ゲルマン語文献学綱要』(Grundriss der germanischen Philologie)の編集を1888年から1893年まで行った。

1893年にはミュンヘン大学のドイツ語文献学教授に就任し、1913年に退官するまでこの職にあった。晩年には視力をほぼ失ったが、没する年まで著作活動をつづけた。

主な著作編集

『言語史原理』(1880) は言語学に関するパウルの主著で、比較言語学に理論的基礎を与えた。

パウルはこの著作で単に言語の歴史を追うのでなく、言語変化の背後にある一般的な原理を体系化した(書名もここに由来する)。1886年の第2版では大きく改訂され、初版が14章から構成されていたのに対し、第2版は23章に増えている。その後、1893年に第3版、1909年に第4版、1920年に第5版が出版されている。第4版ではヴィルヘルム・ヴントに対する批判が加えられた。

『言語史原理』は日本では上田万年によって紹介された。また福本喜之助による邦訳があり、1976年には講談社学術文庫に収録された。

  • 『言語史原理』福本喜之助訳、講談社、1965年。

『中高ドイツ語文法』(1881)は中高ドイツ語の基本的な書籍で、著者の生前だけでも第11版まで出版された。パウルの没後も改訂が続けられ、2013年に第25版が出版されている[2]

『ドイツ語辞典』(1897)は、ドイツ語の語彙の歴史的な意味変遷を記述している。

『ドイツ語文法』(1916-1920、5冊)はドイツ語の歴史的文法書。

評価編集

自らもゲルマン語学者であったレナード・ブルームフィールドはパウルの『言語史原理』を高く評価しつつ、記述的研究を軽視したこと、心理主義的な解釈を行ったことの2つを19世紀言語学の限界としている[3]

脚注編集

  1. ^ Beiträge zur Geschichte der deutschen Sprache und Literatur”. De Gruyter. 2015年3月19日閲覧。
  2. ^ Mittelhochdeutsche Grammatik”. De Gruyter. 2015年3月19日閲覧。
  3. ^ ブルームフィールド『言語』三宅鴻、日野資純訳、大修館書店、1987年(原著1962年)、新装版第9版、18-20頁。