ヘレナ (アディアベネ)

ヘレナ(Helena of Adiabene、ヘブライ語: הלני מלכת חדייב‎、(50–56年頃死去)は、アディアバネ王国 (現在のアルビール)とエデッサ英語版 (現在のウルファ) の王妃。モノバゾス1世の姉妹兼妻で、後にオスロエネ王アブガル5世英語版の主妻にもなった。夫のモノバゾス1世との間にイザテース2世英語版モノバゾス2世英語版を産んだ。ヘレナは紀元30年頃にユダヤ教に改宗した[1]

アディアベネのヘレナ
アディアベネとエデッサの王妃
ヘレナのサルコファガス、イスラエル博物館

死亡 50–56年頃
埋葬 エルサレム
配偶者 モノバゾス1世アブガル5世英語版
子女
イザテース2世英語版モノバゾス2世英語版
信仰 ゾロアスター教からユダヤ教に改宗
テンプレートを表示

出典編集

  1. ^ Oren, Yitzhak; Zand, Michael; Prat, Naftali, eds (1982). “Елена” (ロシア語). Shorter Jewish Encyclopedia. 2. Jerusalem: Society for Research on Jewish Communities. col. 475. ISBN 965-320-049-6. https://eleven.co.il/jewish-history/second-temple-period/11546/ 

参考文献編集

  この記事にはパブリックドメインである次の文書本文が含まれる: Gottheil, Richard; Seligsohn, M. (1901–1906). "Helena". In Singer, Isidore; et al. (eds.). The Jewish Encyclopedia. New York: Funk & Wagnalls., which cites:

  • Josephus, Jewish Antiquities xx. 4, § 3;
  • Nehemiah Brüll Jahrbücher (Frankfort-on-the-Main, 1874–90) i. 70–78;
  • Grätz, Heinrich, Geschichte der Juden von den ältesten Zeiten bis auf die Gegenwart 3d ed., iii. 403–406, 414;
  • Emil Schürer, Geschichte des jüdischen Volkes im Zeitalter Jesu Christi (1886–1890) 3d ed., iii. 119–122.m