ベアトリス・ド・ヴェルマンドワ

ベアトリス・ド・ヴェルマンドワフランス語:Béatrice de Vermandois, 880年ごろ - 931年3月26日以降)は、西フランク王ロベール1世の2番目の妃で、ユーグ大公の母。

ベアトリス・ド・ヴェルマンドワ
Béatrice de Vermandois
西フランク王
在位 922年 - 923年

出生 880年ごろ
死去 931年3月26日以降
配偶者 西フランク王ロベール1世
子女 ユーグ
エマ
家名 ヴェルマンドワ家
父親 ヴェルマンドワ伯エルベール1世
テンプレートを表示

生涯編集

ベアトリスはヴェルマンドワ伯エルベール1世の娘で[1]エルベール2世の姉妹である。イタリア王ベルンハルトを通してカール大帝の子孫にあたる[2]。ロベール1世との結婚により、ベアトリスはカペー家の祖先の一人となった。夫ロベール1世は922年6月29日に西フランク王として戴冠したが、923年6月15日にソワソンの戦いで戦死した[3]。ベアトリスは931年3月以降に死去した[1]

結婚と子女編集

890年ごろ、ネウストリア辺境伯ロベールの2番目の妃となった。ロベールは922年に西フランク王となった[4]

脚注編集

  1. ^ a b Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band III, Teilband 1 (Marburg, Germany: J. A. Stargardt, 1984), Tafel 49
  2. ^ The Annals of Flodoard of Reims, 919-966, ed. & trans. Steven Fanning; Bernard S. Bachrach (Toronto: University of Toronto Press, 2011), pp. xvi, 91
  3. ^ Pierre Riché, The Carolingians; A Family who Forged Europe, trans. Michael Idomir Allen (Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 1993), p. 250
  4. ^ a b Detlev Schwennicke, Europäische Stammtafeln: Stammtafeln zur Geschichte der Europäischen Staaten, Neue Folge, Band II (Marburg, Germany: J. A. Stargardt, 1984), Tafel 10
  5. ^ Constance Brittain Bouchard, Those of My Blood: Creating Noble Families in Medieval Francia (Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 2001), p. 112
  6. ^ Europäische Stammtafeln calls Emma a child of Robert by lady called Aélis.

参考文献編集

  • Patrick Van Kerrebrouck, Nouvelle histoire généalogique de l'auguste maison de France, vol. 1 : La Préhistoire des Capétiens (par Christian Settipani), 1993